いろとかたちのおもちゃがあると

おもちゃ, 子どもとそだつ 0 Comments

パズル ねこ

「色を、合わせてる!」

ねこが逆さまですが、うれしくて楽しくて、撮らせてもらいました^^

 

パズル「ねこ」の大小のピースと、トンカチ遊び「大工さん」のペグたち。

別々のおもちゃだけど、おんなじ色があることに、気づいたんですね。

2歳さん、すてきだなあ…^^

 

赤が3個・青が3個・黄色が3個…、

「いろ」が何色か、同じ数だけ揃っているモノ。

○が5個・△が5個・□が5個…、

「かたち」が数種類、同じ数だけ揃っているモノ。

 

そんなモノが、子どもが自由に触れて遊べる場所にあると、こんなふうに、とてもすてきなことが起こります。

もちろんお皿でも、お箸でも、いろんなパッケージが揃ったお菓子たちでも、ストックしてある数種類のジュースたちでもいいのだけど、

「いつでも」「自由に」なら、やっぱりおもちゃで揃えてあげたいです。

 

自分の手を動かして、何かに気づいて、やってみる。

そしたら、なにかいいことが、できた。

なんだか、いい感じに納まった。

楽しい。楽しかった。

最後まで、納得するまでやりきった!

 

そんな体験が、子どもたちの次の「やってみたい、やってみよう」という意欲につながるのだし、

自分自身で体験したからこそ、子どもたちが生活のなかでいろんなふうに応用していける「生きた経験」になります。

 

おもちゃという「モノ」が子どもたちに与えてくれるものは、とっても大きいものだなと、お客さまのちびさんたちから、改めて教えてもらっています^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA