鉛筆を取るのはわるいこと!?

やっぱりゲームだ, レンタルスペースで, 子どもをおもう 0 Comments

アナログゲーム講座

いい大人が、鉛筆を取り合っています。

畑さんのアナログゲーム講座、親向けの回の様子です。

人が一生懸命書いているところから、言葉もかけずに、いきなり、鉛筆を奪っちゃう。

いけないんだ〰!!大人のくせに~!!!

 

そうです。ひとの鉛筆を取っちゃうのは、悪いこと。

でも、遊びの世界なら、ファンタジーの世界なら、いいよ!

それを、おもいきり体験しちゃうアナログゲームです。

 

むかし、友達と、うそっこの世界で遊びましたね。

こうなったら敵に捕まったことにしよう、で、仲間に助けてもらえないと「死んじゃう(ことにしよう)」。

こんなのもありました。間違えたら、でこぴんね、痛いやつ!

これが、「あそびの世界」で、「ファンタジーの世界」。

あそびのルールの中でなら、なんでもありでしたね。そして誰でも対等に、罰も受ける。

 

だけど、リアルの世界では、ダメ。当然です。

わたしたちは、あそびの世界で、

ここでなら人の失敗を笑ってもいい、ここでなら思い切りでこぴんしてもいい、

それをいっぱい体験して、リアルの世界に帰ってきていました。

そして、

「あそこでならいい、ここではダメ」「これはこれ、それはそれ」を、

自分のなかに、そしてみんなと、しっかり共有していましたね。

 

今の子どもたちは、その体験をおもいきりできる機会が、たくさんあるでしょうか。

大人の目が、いつもあります。そんなことしちゃだめ、って、わるいじゃない、って、言われたりする。

でも、ファンタジーの世界でしっかり「ここではいいんだ」を体験していると、

ストーカーみたいにリアルの世界に妄想を持ち込んだりしない、

「これはこれ、それはそれ」をしっかりじぶんのなかに作ることができる。

 

いろんなことを受け入れられる心の幅、「こうあるべき、こうのはず」以外の、心のすきまをいっぱい育てたい。

だから、あえて、人の鉛筆を取り合うような「ここでならいいよ!」のアナログゲームがある^^

 

畑さんのアナログゲーム講座は、すごくわくわくする学びでした。

これからもまた、ゲーム会しますね!

ぜひぜひ、鉛筆を取り合いに、来てください^^!(もちろんそれだけじゃないけど)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA