懐かしい出会いから、キーナーメモリー

おもちゃ 0 Comments

キーナーメモリー

今日は、子どもが保育園のときの同級生ママが、大挙してきてくれました^^

とても懐かしく、とってもうれしかったです。

子どもたちも先生方も、親のわたしたちも、同じ方向を向いているような、

とても安心できて、居心地が良く、

でも、先生たちの奮闘と子どもへの想いに、こちらも背筋を伸ばしてもらえるような、

とてもありがたい保育園でした。

 

写真は、神経衰弱の木のおもちゃ「キーナーメモリー」。

そういえば、保育園でも神経衰弱遊び、してたなあ…と、

ママたちが帰られた後、うれしい気持ちで眺めていました。

 

この「キーナーメモリー」の魅力は、なんといっても、その「絵」です。

子どもたちの身近なものや、絵本に登場する子たちが、

シンプルに、美しい色彩で、かわいらしいデザインで、描かれています。

 

だから、子どもも大人も、

手に取りたくなるし、どれもじっくり、見たくなる。

それに、

子どもにとって、自分の身近なものたちだけが描かれているので、

知っているものは、指さしたくなる。

ママやパパや、大好きな人に、教えたくなる。

言葉に興味を持ち始めた子は、名前を知っていること、それを言えることが、うれしくなる。

そしてもちろん、おんなじ絵柄同士を見つけられたら、すっごくうれしくなる。

 

はじめは、その子が知っているものの絵柄だけなど、

少ない枚数で、遊びましょう。

その子が注意を向けられる枚数を、大人がよく見て感じて、調節してあげてほしいです。

 

できるから、うれしいんだし、

できるから、もっとやりたくなる。

 

その子にとってのちょうど良さを、

身近な大人のひとが感じながら、

一緒に、楽しい時間を過ごしてほしいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA