くまのメモリーは、ちびさんに

おもちゃ 0 Comments

くまのメモリー

いろんな色の、いろんな姿のくまが、描かれています。

おんなじ子が、2枚ずつありますよ。

はじめてのメモリー(神経衰弱)あそびに、とってもおすすめ。

「くまのメモリー」

 

でも、最初から神経衰弱にチャレンジしなくていいです。

例えば、パジャマ姿のくまカードを見せながら、

「ねんねのくまさん、どーこだ?」って

3枚とか4枚のいろんなくまカードを並べた中から、

パジャマ姿の、同じくまカードを見つけさせてあげる。

 

例えば、

「パジャマのくま」「ボールを持っているくま」のくまカードをじっくり見せたあと、

その2枚を裏返して、

もう一枚のパジャマのくまカードを見せながら、

「ねんねのくまさん、どーっちだ?」ってやってもいい。

 

まずはその子が簡単に分かって、できること。

はじめは、それをめやすにして遊びましょう。

そして、たくさん成功体験をしたあとで、

ちょっとだけ「うーん」と考えるような、そんなチャレンジを体験していけるといいですね。

 

それがうまくいったときの、うれしそうな顔ったら^^!

自分に対する自信と、挑戦してみる意欲が、キラキラの目から伝わってくるようです。

こんなちびさんの遊びでも、ちゃんと親は、自立のお手伝いができたりするんですね。

 

今、この子はどんなことができるのかな?

どんなお手伝いをしたら、どこまで用意してあげたら、

自分の力で、いろんなチャレンジができて、

自分の力で、いろんな力をつけていけるのかな?

 

それは、

今のお子さんが遊ぶ姿を、よーーく見ていれば、わかります。

お子さんの遊んでいる姿を、10分でも15分でも、しっかり、見る。

そしたら、できること、できないこと、

お手伝いしたらできること、助言したらできそうなこと、

もうひといきでできそうなこと、

遊びを通じて、お子さんの姿が、ちゃんと、見えてきますよ^^

 

一緒に遊ぼう!なんて、気合を入れなくていいです。

一緒にぺったんと床に座って、

同じおもちゃを見て、さわって、一緒の時間を過ごしているだけで、

大事なお子さんなんですもん、

ちゃんと、いろんなことが、見えてきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA