赤ちゃん、絵に出会う

さらにその他 , , , 0 Comments

赤ちゃん、絵に出会う

 

子どもって、自分からペンやクレヨンを持って

お絵描きを始めるわけではありません。

お兄ちゃんやお姉ちゃんとか、上の子がいたら

まねっこしてやりたくなるかもしれませんが、

はじめての子だったりして まねっこしたくなるモデルがいない場合、

大人がさせてあげないと

「絵を描く」というすてきな体験に出会えないかもしれません。

 

ぜひあなたが、

大きな白い紙と

手に持ちやすい 太いクレヨンやペンを与えて、

「絵を描く」楽しい遊びを教えてあげてください^^

 

はじめは、なぐり描きです^^

そりゃあもう、力いっぱい

上から腕を振り下ろすようにして、だんだんだん!

左右に大きく腕を振って、がしがしがし!

もちろん紙だって気にせずはみ出しです。

 

だけど、楽しい!気持ちいい!

 

「でも、そんな絵なら、お絵かきなんてべつにさせなくてもいいんじゃない?」

「もっと大きくなってからでいいんじゃない?」

うんうん、ただのわけのわからない、落書きみたいですもんね^^

だけど、そんな絵も、じきにだんだん変わってきますよ♪

 

腕や手首の動かし方はなめらかに、力加減もやわらかに、

赤ちゃんが大きくなるほどに、その動きはどんどん変わってきます。

自分が描く線を、自分の目でじっくり見ながら、手を動かすようにもなります。

絵は、どんどん変わってきますよ^^♪

 

殴り描きが線になり、ぐるぐる巻きになり、

そのぐるぐるが、ひとつひとつの輪になり、

そのうちに輪がぴったり閉じる、きれいな丸になり…。

 

描くという行為を始めることは、

なんにもない紙の上に

なにかを生み出していく、創造的な遊びです。

 

自分で自由に表現していけることは、とてもうれしいこと^^

子どもたちはきっと

大好きな人だったり、大好きなものだったり、

いろんなものを紙の上に描いていくでしょう^^

自分の楽しい気持ちを、嬉しい気持ちを、悲しい気持ちを、

ペンやクレヨンに乗せて、描いていくでしょう^^

 

そんな絵の、お話を聞いてみてくださいね。

ひとつひとつ、自信たっぷりに教えてくれるでしょう^^

 

まあ、写真のように

キャンバスは紙の上にとどまらない時もありますけどね(^_^;)アリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA