サンタさんの世界にあそぶ

さらにその他 0 Comments

子どもたちが、  サンタさんの世界を  いっぱい感じて、  おおきくなれますように^^

 

「さんたさんへ

わたしは6さいです。

6さいに ひ゜゜ったりな おくりものお ください。

いつも いいこに しています。

ままわ たすかっています。

たかはし ふみ」

 

サンタさんに手紙を書いて

クリスマスツリーに下げておくと、

サンタさんのお手伝いのこびとが、

サンタさんにお手紙を届けてくれます。

 

お手伝いのこびとたちは、

世界中のいい子ををみつけてやってきて、

その子がどんなにいい子かを

サンタさんに教えてくれるんですって^^

 

 

子どものころ、

サンタさんやこびと、鬼、魔法…、

そんなファンタジーを大事にしてもらった子は、

 

イメージ豊かに想像する力と、

想像の世界にあそぶ喜びと、

夢や希望を信じる心と、

そして

誰かを想い、大事にできる心を

自分のなかに育んでいきます^^

 

ん?

「誰かを想い、大事にできる心」?

サンタさんを信じていただけで??

 

そうですよ^^

だって、あなたも

「誰かに想われ、大事にしてもらった実感」を

大きくなって

サンタさんのファンタジーの世界を去るときに

感じたでしょう^^?

 

「ああ、自分は今まで、

こんなに楽しいファンタジーの時間を

もらっていたんだな。

毎年毎年、自分の夢と希望を

ニコニコと聞いて、

受け入れてもらって、

自分そのものを、まるごと

おもいきり許してもらっていたんだな」

 

だからこそ その実感は、

だれかのファンタジーを許し、

大事にしてあげられる

強い願いと力になります。

 

 

子どもたちが、

サンタさんの世界を

いっぱい感じて、

大きくなれますように^^

 

そして大人の私たちも、

そんな世界にあそぶ子どもたちの喜びを

いっぱい感じられますように^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です