子どもって、どうして…??

おおきくなる子ども 0 Comments

子どもって、どうして何回も土手を登ったり降りたりするんでしょうね^^

 

子どもって、どうして何回も土手を登ったり降りたりするんでしょうね^^

公園の遊具で、毎日毎日、夢中で遊べるのはどうして?

どうしてあんなに、一度で十分なことを、

何度も動きまわってするんでしょう^^?

 

子どもって、基本的に大人と全然違います。

いちばん違うのは、子どもは絶えず動き回っているということ!

 

例えば大人は

こんな遊具で何回も遊ぶ楽しさが分からない(-_-;)エーマタア?

「もういいでしょ、帰ろう」なんて言いたくなる。

 

だけど、小さな子どもにとって

何にでも直接に働きかけをすることが、

「ものを考える」というだったりします。

 

何回も何回もおなじことをやって、

いろんなことを理解したり、判断したりしている。

 

どんなふうに注意しないと、滑って落ちるかもしれない、

こうしないとしっかりのぼれない、

上りと下りでは、こんなに違うんだ…。

 

そんなことを子どもたちはいろいろ確認しながら、

しかも自分の運動する力を確かめながら、やっているのです。

 

好奇心や向上心と、自分の能力との調和をはかりながら、

急いでのぼれるか、

落ちるかもしれないからゆっくりしかのぼれないとか、

素早く下りられたとか、

ちゃんと気をつけたのにすべってしまったとか、

こんなことを一回一回考えながら、

実験のようにやっているのですね^^

 

うんうん、頼もしいなあ^^♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です