子どものこころを感じたいときは…

おおきくなる子ども , , 0 Comments

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。 だから、何で表現するか...?それは、絵を描くこと^^

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。

だから、何で表現するか…?

 

それは、絵を描くこと^^

 

小さい子にとって、絵、

または 絵のようなもの(ぐるぐる渦巻きのような線とか、丸がいっぱいの絵とか…)は、

心の表現なのだそうです。

 

言葉でまだ自分の気持ちを上手にあらわせないからこそ、

自分を表現できるもの、「絵」が、

小さい子にとっては、すごく大切なんでしょうね(^^♪

 

そう思うと、

絵は、子どもたちの「ことば」でもあるんだなあ…。

それは、子どもが絵を描きながら

何やら一人でしゃべっている姿を見ても、感じます^^

 

自分の好きな色を使って、自由に奔放に、

画面いっぱいに絵を描けたら、

子どもたちは

さぞかし気持ちがいいことでしょう♪

内なる心を、ぱあっ…と表現できたら^^

 

楽しいことやうれしいことだけじゃなく、

嫌な気持ちなんかも、

なぐり書きのような線でもなんでも、

描くことで発散できたら…^^

 

上手・下手は関係ない、

「じょうずじょうず、いい子ね~」

だけじゃ、つまらないです。

 

どんな絵を描いたのか、お話を聞いてみてください^^

絵で一度、心を表現しているから、

言葉の表現も、しやすくなっているかもしれないです。

 

きっと、すてきな驚きや、喜びがあります^^♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です