サンタさんへの手紙^^

子どもとゆく , 0 Comments

もうすぐクリスマスですね^^

サンタさんが来てくれる日を、心待ちにして過ごす12月。

家の子どもたちも、サンタさんへの手紙を書きました。

 

サンタさんに手紙、なんて書こうかな^^

折り紙でサンタさんを折り、顔を描いて、絵を描いて、

少しずつ書けるようになってきた覚えたての字で

ゆっくりお手紙をつづります^^

 

サンタさんの手紙、できたあ^^!

できた^^!

自分の名前と、サンタさんに伝えたいことを

自分でがんばって書きました。

「さんたさんだいすき」

 

まんなかの長い手紙は、お母さんに書いてもらいました^^

「きをつけてね となかいがんばってね」

というところが、母は好きです^^

 

 

サンタさんへの手紙。心のなかに、できるだけ長くサンタさんを住まわせてほしいな^^

こちらは兄ちゃんの手紙。

3年生です^^

丁寧に書いています。

 

「子どもたちが書いた手紙を

クリスマスツリーに挿しておくと、

サンタさんのお手伝いをしている小人が

サンタさんのところに届けてくれるのです…。」

そんな絵本を読んでから、

サンタさんへの手紙が毎年の習わしになりました。

 

心のなかにサンタさんを住まわせることができるって、

とっても幸せなことだと思います。

サンタさんが来てくれる、と信じることは、

幸せな期待を持って、何かを信じること。

そしてその幸せな期待は、ほとんど必ずかなえられます。

 

そういう経験を小さいころに何度もできることは、

不確実な「何か(誰か)を信じる」ことができる幸せや、

不確実な「何か(誰か)を信じる」、心の強さに

通じるのかもしれないな、なんて思ったりします。

 

今日あたり、

手紙がツリーからなくなっているかもね^^!

そしたら、

「手紙が無くなった!」

「小人さんがもってった!」って、

とってもいい顔で、教えに来てくれるでしょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です