ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」のこと①…上関原発をめぐる祝島の人々の想い

本と絵本と 12 Comments

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島、祝島。

祝島の真正面にある湾、田ノ浦では、28年前から

中国電力による上関(かみのせき)原発の建設計画があります。

 

 島の住民の9割が参加する「上関原発に反対する島民の会」

一貫して計画の撤回を求めてきましたが、

知事は埋め立ての許可を出してしまいます。

 

 島の漁師もおばちゃんたちも、総出で船でバリケードを作り、

中国電力の作業を実力で阻止しようとします。

 

「海は売らん!」

自分たちの暮らしを支えてくれる海を守るため、

自然を守るため、そして、生きるために。

 

涙が出ました。

何にって、

船の上から島民に呼びかける、中国電力の説得の言葉に!

 

「みなさん、いまさらこんな一次産業を続けていて、未来がありますか?

食べられるようにしていくには産業の活性化が必要です。

原子力発電は地域の雇用を増やします。」

あなたたちは一体、何を食べて生きているんですか?

食べられるものはすべて一次産業が作っています。

 

自分の頭で、ちゃんと考えているのでしょうか?

「仕事」という大義名分に安住して、思考停止状態になっている、

そんな姿に戦慄を覚えます。

 

こういう人たちは、自分の頭で考えて、

意志を持って、願いを持って生きている人たちを、

ものすごく疲弊させる、ものすごい力があります。

(よく会うでしょ、女性は、特にお母さんになったりすると^^)

 

自分の「仕事」という「自分に割り当てられた役割」に固執し、

海の上で向かい合っている祝島の人たちを

見ようとしない、

言葉を聞こうとしない、

なぜ自分たちの「じゃま」をするのか考えようとしない。

何より

自分たちのしていることの意味を考えようとしない。

 

自分と、家族と、子どもと…。

友人も、知人も、地域も、日本も、自然も、現在も未来も、

あなたとあなたのまわりの世界は、

すべてその「大事な」仕事とつながっているのに。

 

自分が仕事として為すことが、どんな意味のあることなのか

考えられなくなっているのでしょうか。

 

彼らの無表情がほんとうに怖い。

 

祝島の人たちは、

自分たちの暮らしを守りたくて、

海や自然を守りたくて、

今の環境を子どもたちに残したくて…、

 

ちゃんとした理由があって

懸命に訴えているのに、

その願いを届ける最初の一歩目から

拒否されてしまう。

 

見てくれない、聞いてくれない、

ほんとうに、気持ちが折れそう。

おまけにその相手は、

「国のエネルギー政策」という大きな力が

働いているものなのです。

 

そんなものに対抗しなければならない

島の人たちの厳しさに、体が震えました。 

 

だけど、28年間、島の人たちは反対運動を続けてきました。

信念がなくちゃ、強い想いがなくちゃ、続かないです。

 

その想いの強さを、皆さんに観てほしい^^

そして、応援してほしい。

というか、知ってしまったら、

応援せずにはいられないのですけれど^^

 

「上関原発に反対する祝島島民の会」ホームページ

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」公式ホームページ

“ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」のこと①…上関原発をめぐる祝島の人々の想い” への12件のフィードバック

  1. お早うございます。
    京丹後市久美浜町に原発が計画されていましたが、
    2006年に建設中止になりました。
    人にやさしい、地球に優しい環境が
    大切です。

  2. おはようございます。
    皆が不安なのだと思います。
    自分がやってることの本質が分かる人はそうそういないものです。
    どんな人でも自分の置かれた立場があるので、自分のやってることが正しいと思ってしまうんだと思います。
    中電の人だって、自分の家族を守るためには自分に与えられた仕事を遂行させなければいけないかもしれない。
    自分達のミッションは何か、顧客は誰か、顧客の利益とは何か、それらの本質が分かる人は少ないと思いました。
    自然に逆らって生きちゃダメですよね。
    海、大好きです。守って欲しいです。
    産業なんか、これ以上発展させちゃいけないんです。地球の為には。多分。

  3. おはようございます
    美しい瀬戸内海を大切に守りたいです
    地元の方の思い、今全国の多くの人が感じていることが
    しっかり伝わって欲しいです
    リンク先も拝見してきました
    日本の未来、地球について考え行動を起こしていきたいです

  4. 伯爵様 より:

    もう、原発はダメだな
    電力会社もダメだ
    腐っている

  5. コドモトさん、こんにちは
    難しい問題ですね・・・
    どちらがいいとか悪いとか・・
    一概にはコメントできませんが、
    まず「話し合い」する前の段階ができていないと
    結局話し合いにはなりませんものね。
    誕生日プレゼント工場さんも仰るように
    自分も含めて、物事の本質はそう簡単にはわからないのかの知れませんね。

  6. コドモト より:

    京丹後の藤井さん、いつもありがとうございます^^
    >京丹後市久美浜町に原発が計画されていましたが、
    > 2006年に建設中止になりました。
    すばらしいことです!目先の利益より、
    命と暮らしをつないでいくことが重んじられたのですね^^
    >人にやさしい、地球に優しい環境が大切です。
    はい、私もそう思います^^

  7. コドモト より:

    誕生日プレゼント工場さん、いつもありがとうございます^^
    >どんな人でも自分の置かれた立場があるので、
    >自分のやってることが正しいと思ってしまうんだと思います。
    >中電の人だって、自分の家族を守るためには自分に与えられた仕事を
    >遂行させなければいけないかもしれない。
    はい、私もそう思います。でもやっぱり、その先を…
    自分と周りの人たちと、地域と、日本と、世界と、
    そしてそのみんなの暮らしと、将来と、ずっとさきの未来、
    そこまで想いをはせなければと思うのです。
    自分の矛盾を突きつめるのは嫌で厳しいけれど…
    誕生日プレゼント工場さんも、そこに難しさを感じていらっしゃるのですね。
    >海、大好きです。守って欲しいです。
    >産業なんか、これ以上発展させちゃいけないんです。地球の為には。多分。
    そういう素直な感情が、きっといちばん大事なのですね。
    子どもも大人も、誰もが「そうだよね」とうなづけること、
    そういうことが、きっといちばん大事なことなのだと思います^^

  8. コドモト より:

    甲州市学習塾のこばやしさん、いつもありがとうございます^^
    >美しい瀬戸内海を大切に守りたいです
    >地元の方の思い、今全国の多くの人が感じていることが
    >しっかり伝わって欲しいです
    福島の原発事故以来、命と暮らしをつないでいくことが
    わたしたちの共通理解になってきましたね。
    このまま良い方向に進んでいきたいです^^
    >日本の未来、地球について考え行動を起こしていきたいです
    はい、わたしも^^!

  9. コドモト より:

    伯爵様、いつもありがとうございます^^
    >もう、原発はダメだな 電力会社もダメだ 腐っている
    伯爵さまのおっしゃることは、日本国民の共通認識になりましたね^^
    このまま皆の目が原発以外の方に向いていけば、
    小水力発電やバイオマス燃料などの
    研究開発が進んでいける力になるでしょう
    皆が納得して信頼できる、よい方向に進んでいきたいですね^^

  10. コドモト より:

    クレヨン岡田さん、いつもありがとうございます^^
    >まず「話し合い」する前の段階ができていないと
    >結局話し合いにはなりませんものね。
    はい、私もめちゃくちゃに悔しいです!!!
    >自分も含めて、物事の本質はそう簡単には
    >わからないのかも知れませんね。
    そうですね、でも努力するべきです^^
    (岡田さんは謙虚に内省する方なので「自分も含めて」っていう
    コメントが出てくるんですよ、すてきです^^)

  11. 木仙人 より:

    こんばんは コドモトさん
    >みなさん、いまさらこんな一次産業を続けていて、未来がありますか?・・・
    何とも無責任でひどい発言ですね
    それで食料自給率が低いと嘆くのですから・・・
    もっと頭のいい人が舵取りしないとこの国の未来は危ういですね

  12. コドモト より:

    木仙人さん、いつもありがとうございます^^
    >何とも無責任でひどい発言ですね
    >それで食料自給率が低いと嘆くのですから…
    >もっと頭のいい人が舵取りしないとこの国の未来は危ういですね
    大多数の人が望むだろうことと違う決定を偉い人が下した、
    そんなニュースをきくたび、ざわざわした不安な気持ちがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です