福島のママと②

子どもとゆく 12 Comments

福島の彼女たちの話を聞いていて、

ああ、ほんとうに、あのときの私と同じだ…

子どもたちへの同じ不安や想いを抱いて

迷いながらの選択を繰り返していた日々を思い出しました。

 

がらんとしたスーパーの食材売り場に茫然としたり、

食材があってもその前で買うかどうか決めかねて、

気がつけば何分もたっていたとか、

水を買いに行ったら500ミリのものしかないとか、

2リットルがあっても一人1本までとかだったり、

なんだか殺伐とした空気に、それだけでぐったりしていました。

 

早いもの勝ち、買ったもの勝ちみたいな雰囲気…

 

赤ちゃんを連れて買い物している人も同じ条件だなんて、

そりゃないよ…と悔しい気持ちになったり、

そんな中で、「赤ちゃんのいるかたは店員にご相談ください」という張り紙を見てほっとしたり…

 

でもとりあえず、

母としては、子どもを守らなくてはという想いだけで

まいにち動いていたという感じです。

無条件で信頼していた生協も、あのときは買えなかったです。

地産地消をすすめる生協だから…

 

だけど、いろいろ調べ回っているうちに、

自分のやるべきことが分かってきたのは有難かった。

 

まずは、被ばくは「足し算」だということが分かったこと。

14日の爆発後などに知らずに高線量の場所にいたとしても、

その後を気をつけて「足す量」が少なく済むようにしてやれば、体の回復の助けになること。

 

それから、ヨウ素やセシウムは、体外に「出る」事が分かったこと。

そのためには、食材や食事の内容に気を配ればよいこと。

 

あとはとにかく、拭き掃除!!

 

自分のやるべきことが分かれば、心も安定します。

どっしんと構えて、子どもたちに接することができたのは、幸せでした。

母親の不安は、子どもたちも敏感に感じてしまうものだから^^

 

あ、福島のママの話までいかなかったですね、

次で書きます^^;

“福島のママと②” への12件のフィードバック

  1. joyokuda より:

    あまりの深刻さに涙が出てきました。
    大変な思いをされているのですね。
    こちらにおいでよ!と言って差し上げたい。
    お辛いでしょうが頑張ってください。
    <それから、ヨウ素やセシウムは、体外に「出る」事が分かったこと。
    そのためには、食材や食事の内容に気を配ればよいこと。
    わかめ入りの味噌汁がいいそうです。

  2. コドモトさん こんにちは
    ブログ頑張ってらっしゃいますね!
    コドモトさんの頑張り、いつも尊敬いたします。
    そして子供を持つ親御さんのお気持ち、お察しいたします。
    生協さんもどっちがいいなんて決められなくて、
    非常に辛い決断をしなければならなかったのですね。
    どんな状況下にあっても、人は立ち止まったままではいられずに、また前を向いて歩いていくのですね。
    これからもよろしくお願いいたします。

  3. 木仙人 より:

    こんばんは コドモトさん
    小さなお子さんを抱えるご家族の方々の気持ちを考えると、本当に心が痛みます
    しかし、こういう時こそ
    コドモトさんのような冷静な判断が必要ですね
    いつも笑顔を忘れないように

  4. こんにちは
    事故発生直後は山梨でも大混乱でした
    今もまだ落ち着いた状況とはいえないですが
    自分で情報を見極めていくことが何より大切ですね
    これからの過ごし方によって影響を少しでも少なくすることもできるのですね

  5. コドモト より:

    joyokudaさん、いつもありがとうございます^^
    >大変な思いをされているのですね。
    たぶん、小さい子どもをもつご家族の方、特にママは、
    ものすごく頑張ったと思います。
    情報の少ない、そして信頼できるか不安なころは特に><!
    >わかめ入りの味噌汁がいいそうです。
    はい、まずは毎日の味噌汁!ですね^^

  6. コドモト より:

    クレヨン岡田さん、いつもありがとうございます^^
    >ブログ頑張ってらっしゃいますね!
    ええ~><!来てくださる皆さんのおかげです。
    もうありがたくて、幸せです。岡田さんにも、心からありがとう^^!です。
    >どんな状況下にあっても、人は立ち止まったままではいられずに、
    >また前を向いて歩いていくのですね。
    家族でも友人でも何でも、守るものがあると、きっとそうですね^^
    強くありたいです。そして、優しくありたいです。

  7. コドモト より:

    甲州市学習塾のこばやしさん、いつもありがとうございます^^
    >自分で情報を見極めていくことが何より大切ですね
    ひとつでも、ここなら信頼できる!という場所があることは
    幸せなことだと痛感しました。私の場合は、娘の保育園でした^^
    >これからの過ごし方によって影響を少しでも少なくすることもできるのですね
    はい、まだ線量は事故前より高いので、足し引きマイナスになるように、
    体が自分の力で回復していけるように、頑張ります^^
    被ばく量が多かっただろう子どもたちの
    保養などの支援も、考えていきたいです。

  8. コドモト より:

    木仙人さん、いつもありがとうございます^^
    >小さなお子さんを抱えるご家族の方々の気持ちを考えると、
    >本当に心が痛みます
    はい、わたしも一番小さい子どもが4歳ですが、
    あの頃は赤ちゃんを抱っこして買い物に来ているママを見ると、
    なんだか申し訳ない気持ちになっていました。
    >いつも笑顔を忘れないように
    はい^^ほんとうにそうですね!
    笑顔は、自分も周りの人も、ほっとできますもんね^^

  9. 伯爵 より:

    こんにちは
    今度、いわきにいってきます。
    福島の原発余計でしたね

  10. こんにちは。
    >2リットルがあっても一人1本までとかだったり
    言って下されば送りましたのに。。。
    今はどんな感じですか?
    私は今ネットで買い物するときは
    東北のショップを選んで買ってます。
    少しでも復興の力になれればと思い。

  11. コドモト より:

    伯爵さま、いつもありがとうございます^^
    >今度、いわきにいってきます。
    きっと先生が下さるいろんなパワーが
    喜ばれるでしょうね^^
    >福島の原発余計でしたね
    まったく余計です!
    私たちには何で作られた電気を使うのか、
    選ぶ権利が必要です

  12. コドモト より:

    誕生日プレゼント工場さん、いつもありがとうございます^^
    >言って下されば送りましたのに。。。
    ありがとうございます^^
    でもきっと桐生はかなりましな方です。
    それでもぐったりだったのだから、
    もっと大変な思いをされた方は
    さぞつらかったろうと思います。
    >私は今ネットで買い物するときは
    >東北のショップを選んで買ってます。
    >少しでも復興の力になれればと思い。
    一時的でない、それが素晴らしいことですよね^^
    想いを寄せ続けていける力って、すごいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です