ネフの積木に思う

おおきくなる子ども , 0 Comments

ネフの積木


ネフの積木に、ぼんやり物思い中です。

わたしが子どもたちに出会ってほしい「よいもの」を考えてみました^^
 

美しいものを見たり感じたりする機会がたくさんだといい。

食べ物も、安全でおいしいものが豊か、っていう方に向かってほしい。

「わかった!」「できた!」「やった!」をいっぱい体験してほしい。

よい学びで、喜びや感動を体験してほしいし、それを面白いと思ってほしい。

読書と音楽が、生涯の友達であってほしい。

憧れたり尊敬しちゃう先輩や大人に、出会ってほしい。

めちゃくちゃすごい!と思う人にも出会ってほしい。

周りの人を大事にして、大事にされる関係を作れるといいな。
 

なんとまあ、よくばりな母でしょうか!

 

コドモト「ネフの積木に思う

  

ネフの積木におもう

子どもとそだつ , , , 0 Comments

ネフの積木におもう

『ネフの積木におもう』

ネフの積木を見ると、ああ、美しいなあ…といつも思います。

そして、いつも感じることがあります。

「子どもを育てるというのは、親の思いを伝えることだなあ」って。

美しいものの素晴らしさを知っている人は、美しいものを与えたり、触れさせる機会を大事にします。

食べ物が体にあたえる影響をよく知っている人は、子どもが食べるものに、心をくだきます。

学びの喜びや恩恵を知っている人は、同じ思いを体験できるよう、環境や教育に配慮します。

自分の知っている「よいもの」を子どもに伝えたいと願うのです。

あなたは、どんな「よいもの」を、子どもに伝えたいのでしょう^^

わたしはそれを知りたいです。