かばんねこ店主ブログ
コドモト

めざとく見つけるのが大人のしごと

カラーリングのペグ遊びをやりきる

右の青い箱。
最初は左上の箱みたいに、ばらばらとペグが転がっていました。

2歳さんがそれをじーーーーーっと見て、
中央の木の台とおなじように
ペグを拾い、リングにさす…
ペグを拾い、リングにさす…
4個分をやりきって、
今度は確認するようにじーーーーっと見て
ついとその場を離れていきました。

ペグがぜんぶ、リングにおさまりました。
色もきれいに、そろいました。

やりきりました、最後まで。
そして自分の仕事に、満足しました。
そして自分で「おしまい」にしました。

おとなから見たら、ほんの4個分のことで、
ちょっぴりすぎて気づかないかもしれません。

でもかれは、
自分で考えて、
こうしようと決めて、
行動して、
最後までやりきって、
その結果に満足して、
(もっと続けることもできたかもしれないけれど)
自分でおしまいにした。

その一連の仕事がかれに与えてくれるものは
自分はできる、大丈夫、自分っていいな、という自分への信頼とか
集中力とかやりきる根気とか次への意欲とか…

こういうのはうるさくてあまり書きたくないんだけれど、
とにかく
また今日もいい感じに育ったね!
っていうこと。

子どもの頼もしい姿、めざとく見つけて喜んでいきましょうー^^
そしたら子どもは
「導いてあげなきゃお世話しなきゃいけない人」じゃなく、
どんどん対等な、ひとりの「信頼できる人」になっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です