かばんねこ店主ブログ
コドモト

 どこでままごとしようか?

ままごとキッチン木遊舎

今日はおひさまが気持ちいいから、窓のところで。
今日はおばあちゃんが遊びに来てるから、おばあちゃんの座っているそばで。
今日は妹にじゃまされたくないから、高いテーブルで。
お母さんの夕ご飯作りと一緒に仕事がしたいから、台所で。
「汚れたらすぐに拭くよ」という約束で、タオルを持ってお外で。

どこで、あそびましょう^^?
そんな「ここであそびたい!」に応えてくれるキッチンです。

持ち運びやすいように持ち手がついていて、
後ろにある引き出しはキッチン棚に変身してくれます。
引き出しに食材や道具を詰め込んで、好きなところに運びましょう。
ここで!と決めたら、
引き出しを抜き出してキッチンの上に立てて…、さあお料理しましょ!

思い出します、
かばんねこの秋田の実家には、すぐ近くに空き地がありました。
ままごとの具材になる草花がたくさん。
小枝や石ころ、土や砂も。
家の前には蛍が来る用水路があって、水汲み場がありました。
だから、
そのへんで拾った空き缶や使わなくなったお皿でままごとをしていました。

なんでもない遊びです。
ただの日常です。
けれど、すごく、覚えています。
きっと、
「とてもいいこと」だったのだろうなと思います。
だから子どもたちにも、その楽しみを渡したかったですね。

不器用なだんなさんにキッチンを作らせ…ってもらって、
不器用だからいろいろ変なところがあったのを、作らせた手前ぐっとこらえ…なくもなかったけれど、
子どもたちはそんなことはお構いなしに、よく遊びました。

もうままごとは卒業してしまったけれど、
かれらが親になったときに
ままごとが、子どもに渡したい遊びのひとつになってくれているといいな。

あなたは、どんな遊びが心に残っているでしょう。
子どもたちに、その喜びを贈りたい遊び。

ご相談くださいね。
かばんねこがお手伝いできたら、うれしいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です