こどものしごと

おもちゃ 0 Comments

箱と木玉を入れたり出したり

あそびのなかで、
子どもは自分の成長のために、真剣に仕事をします。


玉を木箱の丸い穴に入れる。
引き出しを開けて取り出す。
引き出しを閉めて、また穴に木玉を入れる。
引き出しを開けて取り出す。

たまに引き出しを閉めるのを忘れて、
玉が木箱に入らないことがありますが
そんなときも「あ」と小さな驚きだけ。

くりかえし、くりかえし。
何度も、何度も。
同じことを確かめるかのように、
しずかに集中する姿があります。


同じことを繰り返すのは、大事なしごと。
そして、
徹底的に繰り返して自分のものにすると、
彼らは自分のやめ時で、ぴたっとやめます。

じゅうぶんにやり切って、満足してやめること。
それもとても、大事なしごと。


自分で体験して「分かった」ことや「できた」ことが、
子どもの自信になるだけではありません。

自分でやって「分かった」「できた」からこそ、
遊びや暮らしのなかで、
それをもとに応用したり、発展させることができる。


あそびのなかで、
彼らは自分の成長のために、真剣にしごとをします。

おとなはその姿を邪魔せず、
もっと知育になることを教えてやろうなんて思わず、
すごい!なんてわざわざ言いに行かず、
謙虚に遠くで近くで、見守りましょう。

ねっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です