また今日から、よろしくお願いします

さらにその他 0 Comments

自然観察ボックスとてんとう虫

かばんねこ、今日から再開です。
休みの間に、たまりにたまった写真の整理をはじめました(=終わってない)。


こちらは自然観察ボックス。
春に、たまたま庭先でゆっくりしていたてんとう虫が友情出演です。

自然観察ボックスとてんとう虫

虫たちに手指の上をちょろちょろ歩いてもらうのも楽しいけれど、
触角はどうなっているのかな?
足はどんなふうに動く?
こんな道具があると、すごくよく見えます。


そのつもりがなくても、いつのまにか生き物の姿や動きに魅せられて見入っちゃうし、じっくり観察したくなる。
透明なケースのなんとありがたいこと!

自然観察ボックスとてんとう虫

ボックスについている、定規や拡大レンズも大活躍ですよ。
かばんねこは、花や金魚ちゃん(と水)も入れて楽しんでみました。


アメンボは、チャレンジしたけれど捕まらないねえ…
はやいよねえ、彼らは…

休み前の営業は明日までです

さらにその他 0 Comments

夏のアナログゲーム、おばけちゃん
おばけがいたずらしてくるよ!がんばってお家に帰ろう

お休み前の営業は、9(日)10(月祝)までです。
お休みをいただいて、17(月)からはいつもどおり。

家族であそぶ、いとこと遊ぶ、
アナログゲームも見においでくださいね。

夏にぴったり、おばけにアイス、氷の世界。
いかだにペンギン、
みんなの夏の宿敵Gが主役のゲームも。

ちょろっと遊んで説明もできますから、きっといいものが選べます。

ちょっときゅうくつな夏休みだけど、
アナログゲームももちろん
面白いこと、わくわくすることに出会えますように!

ばねに挟まれたコマたち、動いちゃダメゲーム
ばね付きのバーに挟まれたコマたち、バーが動かないように、そっと一つを抜こう!
夏のアナログゲーム、女子が大好きなキラキラ
キラキラのユニコーンシリーズのひとつ。ビンゴ!
いかだにみんな乗れる?乗れない?アナログゲーム
いかだにみんな乗れる?乗れない?さあ考えて!
アナログゲームキャプテンリノ
紙のタワー、どんどん高くなる。どんどん、ぐらぐらしてくる!
氷上のアナログゲームカヤナック
氷をぶすっと破って、魚を釣ろう!
カードゲームごきぶりポーカー
キライな虫を互いに押し付け合って、意地悪しまくるのが快感!
アナログゲームりんごゲーム
自分のバケツにりんごを収穫、のんびりのどかなゲーム。
アナログゲームペンギンパーティー
ペンギンをどんどん積んで、ピラミッドを作りましょ。絵柄が魅力

ウォルドルフ人形作り、ちゃくちゃくと

ワークショップ 2 Comments

ウォルドルフ人形作り講座でお人形に腕をつける

7月から始まったウォルドルフ人形作り講座、
3回目を迎えました。
残りはあと1回。

そろそろお人形さんの形になります。
今日は腕をからだに縫いつけるところから。
皆さんちゃくちゃくと進んで、とても満足そうです。

ウォルドルフ人形作り講座でお人形に腕をつける

左右のバランスをみて、
できあがって腕を動かしたときにどんなふうになるのかイメージして…

ウォルドルフ人形作り講座でお人形のお顔の中心を決める

お顔の真ん中を決めて、両肩に腕をつけていきます。
縫いつける最初のひと針が、すごくどきどきします。

ウォルドルフ人形作り講座でお人形を抱く

こちらは先生のお子さんが赤ちゃんのころのお人形。
お世話や着換えあそびをしない頃だから、お洋服と一体型です。
赤ちゃんの小さな手とからだにぴったりの、小さなお人形。

ウォルドルフ人形作り講座でできあがりのお人形を抱く

お世話遊びをする頃からは、
自分と同じ、人のかたちのお人形さん。
先生のお子さんは男の子だから、お人形も男の子。
このお人形はお座りするからお世話あそびができるし、もちろん着せ替えもできます。
遊び相手としても、十分に活躍してくれます。

もうお子さんは20歳とかだったはず、だけどとってもきれいです。
一緒にお風呂に入ってきれいにして、大事にしてもらっていたのですね。

ウォルドルフ人形作り、前の参加者さんのお人形

こちらは、以前の講座に参加してくださった方のお人形さん。
お洋服はお子さんとおそろいで、かわいいかわいい。
髪の毛も工夫されていて、とてもすてきです。

いつでも子どもに寄りそってくれる、家族のひとり。
今回の参加者さんのお人形たちも、きっとそんな存在になってくれるでしょう。

ウォルドルフ人形を作ってみたいかた、お声がけくださいね!
希望のかたが3名になれば、いつでも開催します。



子育てのゴールはと大言をはく

子どもをおもう 0 Comments

プラステンとグリムの半円と動物で、アフリカの風景

東京おもちゃ美術館 good us 連載も、これでおしまいです。

〆切ぎりぎり、なんなら翌日朝に滑り込み(よくない)という良くない執筆者でしたが、終わりよければむにゃむにゃ。

振り返ってみると連載の記事は、パパーンさあこれで解決!といつもすぐになんとかなる回答ではなくて、結局は日々の過ごし方次第、大人のすがた次第、という「つまり、がんばれってことよね?」という結論になっています。
が、だってそうだもの。

よく見て、ちょうどよく手をかけるのがいちばんの道だというのは、何でも変わりない。
たとえば料理も、野菜作りも。
手を抜けば、あとについてくる。

対象をよく見て、感じて、想像して、考えて、決めて、働きかける。
返ってきたものから、また想像して、考えて、決めて、働きかける。

ぜひ、苦しみながら、楽しみながら、
子どもとの日々をめいっぱい味わってほしいなと思います。

かばんねこも、後悔いっぱいあります。
でも、大丈夫ですよ。
だって、いつからでも、
なんとかしようと「自分が決めれば」、なんとかなるから。

————————————————————–

【連載】おもちゃ屋さんの「あそび相談室」相談11
「子どもの遊びのために、大人ができることって?」


遊びながら育つ子どものために、大人ができること。
それは「自分でできる」ように手伝うこと。
おもちゃ屋さんのあそび相談室、最終回です。

——————————————————————–