おなじように、できたいんだね!

子どもをおもう 0 Comments

小さな大工さん 見本と同じように、がんばった!

おんなじように、やってみたかったんだね!

「こんなふうにしてみたい」
あこがれの気持ちは、強い意欲になりますね。

 

大きい子と同じようにやってみたいし、
できたいし、
でも
まだできないことが多くて、
でもすっごく悔しい。

 

そんなとき、
「まだできないよ」「無理だよ」と言って終わりにするのはとっても簡単だけど、

 

小さな子の「やってみたい!できたい!」が、ちびさんにとってどんなに強い願いなのか。
そこに寄り添える余裕が、大人にあったらなと思います。
時間も、気持ちも。
いつもでなくてもいいから。

 

だって、泣いて悔しがったりしますもん。
泣くほどなんだ!って、感じたい。

 

大人が、
自分のできたい気持ちに寄り添ってくれた、
どうしたらできるか考えてくれた、
自分でできるようにお手伝いしてくれた、
できたときのうれしさを、一緒に感じてくれた。

 

こんないろいろはまあ置いといても、
「自分の気持ちをちゃんと受けとめてくれた」っていうのは、身近な大人へのおおきな信頼になりますし、
そして
「受け入れられる自分は、それだけ大事な存在だ」と、子どもは自分の価値も信頼できるのです。

 

自己肯定感は、こんなところからも。
身近な大人への信頼と、自己肯定感。
子どもが育っていくときに、たくさん贈ってほしいものです。

 

忙しい日々のなかだけど、ちょっとがんばりたい。
だって、かばんねこの子も、あっというまに高校生!
はやいよ、びっくりするよ、ほんとびっくりしてるよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です