お人形をつうじて、子どもに贈る

ワークショップ 0 Comments

ウォルドルフ人形 作ろう

お人形は「ちょっとまってね」も「あとでね」も言いません。
いつでも、子どもたちを受け入れてくれる。

嬉しい気持ちとおなじように、悲しい気持ちもしずかに受けとめてくれる。

 

いろんなことを、一緒に体験できる。
いつでも、となりにいてくれる。

親とは別の、だいすきな家族。
じぶんのこころの安心で、いちばんの友達になってくれます。

 

子ども時代にしか、贈れないものがある。
お人形との日々は、そのひとつです^^

 

そしてもうひとつ。

手作りのお人形は、子どもにとって最初からもう、たからものです。
「自分のためだけに、時間と手間をかけて作ってくれた」
これだけでもう、子どもは自分という価値を素直に信じられます。

「自己肯定感」は、こんなふうにも子どもに贈ることができるのですね。
たとえその時ははっきりと感じていなくても、お人形がずっとそばにあることで、成長とともそれをに実感させてくれます。
わたしたち大人も、歳をかさねるたびに親のくれたものたちに気づかされますものね。

 

5/26(日)から週1×4回 みんなで作れば不器用さんも楽しく!ウォルドルフ人形を作ろう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です