親が、どんなありかたでいるのか

ワークショップ 0 Comments

難しいことはなにもなくて、
親の「ありかた」を知る場なのかもなとも思います。

シュタイナーの考え方や実践に
そうだなと納得して腑に落ちれば、
子どもに向かうときにも謙虚に、
そして
ギューンと感情が高ぶるときにも
立ち止まることができるように思いました。

実際に、かばんねこは本で学んだ程度なのだけど、たとえば、
美しいものを子どもと一緒に「よい」と感じることができることは、とってもうれしい。
そしてこんなことを、この子も子どもに伝えていくのだなと感じると、すごくうれしい。

静かな時間、
手を動かすこと、
美しいものにふれること。

忙しくて騒がしくて、
ちょっと疎遠になりがちな現代だけど、
そこにたちかえることが、とっても気持ちいいです。

小さいうちだけの、貴重な時間かもしれません。
どうぞ、触れてみて^^

というか、
いまからご参加、すっごく歓迎!!!

4/12(金)シュタイナー親育講座「悩みすぎない子育て シュタイナーはじめの一歩」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です