アナログゲームへのお誘い②

やっぱりゲームだ, レンタルスペースで 0 Comments

アナログゲームの体験&講座

22日(日)のアナログゲームの超体験&どどーんと肚に落ちる講座で用意するアナログゲームは、

子どもだけでなく大人にも、アナログゲームが暮らしの娯楽として浸透しているドイツからやってきました。

対象年齢は4歳ころからお年寄りまでの、多種多様なアナログゲームが、ドイツでは毎年生み出されています。

 

小さい頃は、ものを分ける力、数や色を判断する力、同じ-違うを感じる力など、

子どもの育ちに合わせたゲーム。

それは、ちびさんが「できた!うれしい」「わかるじぶんってすごい!」と

しっかり感じられる、うれしい道具でもあります。

 

年齢が大きくなるほどに、かずやことばの力を発揮し、判断し、推理し、先を読み、

相手の考えや出方を予想し、ときには偶然に任せ、ときには戦略を駆使し、

頭と運を使って楽しむゲームたちです。

人と遊ぶからこそ、言葉とともにいろんな感情をやりとりする、うれしさとわくわくがあります。

 

それにアナログゲームには、他にもたくさんの

いろんな喜びや、子どもの育ちを感じることができます。

また、お知らせいたします^^じわじわと、講座に来たくなってくれるとうれしいです♪

 

5月22日(日)午前(親・祖父母向け)・午後(保育・教育にかかわる方向け)

「画面じゃなく、顔を見て。アナログゲームで育む子どものちから
~コミュニケーション難の時代を生き抜く力とは~」

 

 

大人同士の真剣勝負に、自分の本性も、知れるかも…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA