あそびのなかで、ことばがそだつ

やっぱりゲームだ, レンタルスペースで, 子どもをおもう 0 Comments

畑さんのアナログゲーム講座

畑さんのアナログゲーム講座、保育・教育関係の方の回の様子です^^

学童保育の方、保育園や幼稚園の方、お母さん。

日々子どもたちに向き合ってくださっている方たちが、たくさん参加してくださったことが

とてもうれしく、ありがたいことだなあと思いました。

 

写真では、ちょっとわかりにくいですが、

いろんな絵の描かれた9つのサイコロを振って、出た目の絵から想像して、自由にお話をつくるゲームをしています。

「むかしむかし…」って^^

でもこの日は、別の遊び方をしました。それは「しりとり」。

はじめの人は、「😊」の目が出ました。「ニコニコしているひ!」

⇒ 次の人は、「⛄」の目が出ました。「ンボを取りたいゆきだる!」

⇒ 次の人は、「☆」の目が出ました。「っ暗な夜のほ!」

⇒ ∞…

 

これは何か?

これは、「ことばを育てる」遊びです^^

 

たくさんのことばって、私たちはどうやって身につけていくんでしょう。

それは、「人の話していることを聞いて、それを使ってまねて、獲得していく」ことです。

人の話をよく聞くこととおんなじように、

人に自分の想いや考えを伝えることは、同じくらい、大事なこと。

そのとき、たくさんの言葉がじぶんのなかにあれば、

よりぴったりの言葉たちを使って、より自分の気持ちを、伝えることができます。

 

社会のなかで、ひととひとの間で生きていく私たちにとって、

「ことば」はとても大事。

だから、言葉をたくさん使って遊ぶ機会って、とってもうれしくて、ありがたい。

 

大人の私たちは、子どもたちにその機会を

アナログゲームというツールで、贈ることができます^^

 

子ども同士で過ごす場所で、「ことば」で遊ぶ。

そのそばにいてくれる先生たちに、

まずいちばんに、楽しくてわくわくする遊びを、体験してもらえました^^

 

講座に参加できなかった保育・教育関係に携わっているかたがいらしたら、

もちろん畑さんの講座に参加くださったかたも、

ぜひぜひ、かばんねこにお声掛けください。

ゲームをいっぱい持って、伺いますよ^^

まずはみんなで、あそびましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA