ダメと言ったらダメー

子どもとそだつ, 子どもをおもう 0 Comments

ダメと言ったらダメ

「ダメと言ったらダメ!」というのは、お家にあった方がいいと思います。

思春期のころはともかく、小学校の低学年くらいまでは、あったほうがいい^^

だって、子どもの良し悪しの基準は、お母さんとお父さんの基準でつくられるから。

 

子どもは、お母さんとお父さんの基準を知りたいと思っています。

そして、イイとかダメとかを決めてもらえると、すごく安心します。

それが、自分のイイとダメの基準にできるからです^^

自分の中に「良し悪しの基準」や「選択の基準」がまだ無いのに、「あなたはどうしたいの?」なんて聞かれたって、子どもは困っちゃう。

小さな子どもに判断を任せることは、個性を重んじるとか自主性を大切にするとかいうこと以前に、

大人としての責任を放棄している可能性もあるなって、思う時があります。

思春期のむずかし兄ちゃんと、自分でいろいろ考えよう小学3年生の妹のはざまで、うろうろする母です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA