子どもの毎年の仕事、梅ジュース作り^^

さらにその他 0 Comments

梅ジュースは子どもにお任せ^^

 

梅ジュースの仕込み、おしまいです^^

 

冷凍庫でカチカチになった梅と氷砂糖を

交互に重ねるようにして、ビンに詰めます。

仕上げに、発酵止めに酢を50ミリリットルくらい

まわし入れます^^

できあがったら、キッチリ蓋をして、

家のなかで、いちばん涼しいところに置いて

おしまい^^

うちは、お風呂の脱衣所です。

 

そのうち、

すこしずーつ、すこしずーつ、

梅ジュースの原液が、ビンの底にたまってきます♪

毎日増えていく梅ジュース、わくわくです^^

 

そうそう、

ビンの置き場所ですが、

お風呂の脱衣所はいいですよ(o^^o)

お風呂に入るときに、子どもたちに

毎日のひと仕事をしてもらえますから^^♪

(ビンをごろごろ転がして、梅全体を

染みだしてきた原液で濡らすようにするといいんですって^^)

 

梅ジュースがたっぷり溜まって、

中の梅がしわしわになったらできあがり。

 

うちの梅ジュースには、

「6歳さんのビン」と、「11歳さんのビン」があります。

砂糖の量や味見の回数(ーー;)によって、

甘味が強かったり量が少なめだったりですが、

毎年おいしく出来上がります。

でも、どっちがおいしいとかおいしくないとか、

毎年ムダに言い合いをする二人…(ーー;)

 

梅ジュースも口喧嘩も、楽しみだねえ〜(#^.^#)ネエー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA