数や量を感じるあそび

おおきくなる子ども , , 0 Comments

数や量を感じるあそび

「数や量を感じるあそび」

 

ならべる。

小さい頃から、どんどん進化していく遊びです^^

たとえば、積み木。

それまでは、壁や敷居のへりを使って

そこにくっつけるようにして並べていた積み木を、

2歳ころからは、

自分の力でまっすぐに並べられるようになります^^

そして3歳ころからは、

色や形を意識して、順番にしたり分けてみたり、

自分で考えて秩序をつけるようになります。

同じものを並べていく繰り返しの遊びは、

「ものの距離を感じる力」や「数や量を感じる力」に

つながっていく、すてきな遊びです。

このカエルちゃんからも、

なんだか秩序を感じるでしょ^^?(黄色がひとつ足りなかったみたいだけど)

 

だから、もし、1年生になって算数とかで苦労するようなら、

たとえば積木のような

「自分の手を動かしながら数や量を考えられて」

「経過や結果を目でしっかり確認して分かることができる」

そんな遊びの道具で、一緒に勉強してみるといいです^^

数や量の感覚って、遊びを通じて得るものです。

先に書いたように、積木やブロックなんかを並べたり、分けたり、秩序をつけて遊んだりして。

だってやっぱり、

自分の手を動かして、自分の目で確認しながら「分かる」のが、

どんなことだって、いちばん身につくものだから^^