数や量を感じるあそび

おおきくなる子ども , , 0 Comments

数や量を感じるあそび

「数や量を感じるあそび」

 

ならべる。

小さい頃から、どんどん進化していく遊びです^^

たとえば、積み木。

それまでは、壁や敷居のへりを使って

そこにくっつけるようにして並べていた積み木を、

2歳ころからは、

自分の力でまっすぐに並べられるようになります^^

そして3歳ころからは、

色や形を意識して、順番にしたり分けてみたり、

自分で考えて秩序をつけるようになります。

同じものを並べていく繰り返しの遊びは、

「ものの距離を感じる力」や「数や量を感じる力」に

つながっていく、すてきな遊びです。

このカエルちゃんからも、

なんだか秩序を感じるでしょ^^?(黄色がひとつ足りなかったみたいだけど)

 

だから、もし、1年生になって算数とかで苦労するようなら、

たとえば積木のような

「自分の手を動かしながら数や量を考えられて」

「経過や結果を目でしっかり確認して分かることができる」

そんな遊びの道具で、一緒に勉強してみるといいです^^

数や量の感覚って、遊びを通じて得るものです。

先に書いたように、積木やブロックなんかを並べたり、分けたり、秩序をつけて遊んだりして。

だってやっぱり、

自分の手を動かして、自分の目で確認しながら「分かる」のが、

どんなことだって、いちばん身につくものだから^^

遊びながら、数や形を感じる

さらにその他 , , , 0 Comments

遊びを通じて、数や形を感じる子どもたち

 

外で拾ってきた石やどんぐりを並べてみたり、

おやつの数や大きさを比べてみたり、

丸い形の積み木と四角い積み木を分けてみたり、

子どもたちはいつもの暮らしのなかで、

量や形や数にだんだん興味を示すようになります^^

そんなとき、

その子の年齢に応じた数や形のおもちゃを用意してあげると、

ちょうど興味が湧いているんですもんね、

「数」や「量」や「形」の感覚が育ちます。

知りたいときに、ちょうどいい道具があればこそ、

手を動かして、想像して、考えて、

子どもたちは

どんどんいろんなことを、分かっていくんです。

教えられなくても、遊んでいるうちに

手を通じて、体を通じて、感覚で「分かる」んだ^^

 

 

積み木の大事②…「量」

さらにその他 , , 0 Comments

積み木の大事は、十分な量と、形^^

 

積み木で何よりも大切なのは、

「十分な量」と、「形」です^^

 

形のことは、昨日書きました。

「基尺をもとにして、ひとつひとつが正確に作られていること^^」

 

今日は、ふたつめの「量」についてです^^♪

 

子どもは積み木の数を数えて、

その数にあわせて遊ぶわけではありません。

遊んでいるうちに どんどんアイディアが湧いてきて、

どんどん遊びを発展させていく…。

これが、積み木の遊びです^^

 

だから、

「よーしもうすぐできるぞ〜(o>ω<o)ワクワク」

…なんていうときに、

積み木が足りない!!なんて、

すごく悲しいし、せっかくのわくわくもやる気も、なくなっちゃう。

というより、

使える積み木がなくなってしまった時点で、

遊びがストップしてしまいます。

アイディアがあっても、もう前には進めないヽ(;▽;)ノアア

 

じゃあ、積み木はどのくらい用意すればいいの?

…って、思いますね^^♪

それは、その子の遊び込み方や人数によると思いますが、

積み木で遊んでいる姿を見ていて、

「あーこりゃそろそろ足りない感じかなあ…(^^;アララ」

という親の実感で 買い足していくのがいいのかなー、

と思っています(*^_^*)ムセキニン?

 

積み木遊びは どの子にもしてほしい遊びではありますが、

その子がどれくらい夢中になるか、

そしてどのくらいの量を必要とするかは、

遊んでみないとわかりません^^♪

 

で、

もしあなたが「あ、積み木足りなそう」…と思ったとして、

そのあなたぜひ!伝えたいことがあります。

それは、

子どもの「今」は、

クリスマスや誕生日まで、待ってられないよ〜^^!

ということ。

 

その子の遊び込み方を見ていれば、

どのくらい夢中で、どのくらい楽しさを感じていて、

どんなに想像を広げ、どんなに考えているか、わかるはず。

そして、その子の好奇心や探究心の深まりも、

子どもが自分のなかに育てている 力も…^^ワカル♡

 

そんな姿を見てしまったら、

子どもの必要は、あなたの必要になります、きっと^^

さ、

できるだけ早めに、追加の積み木を用意してあげてください^^ネ♪

 

どこまで大量にいけるかは、

子どもののめり込みと、あなた次第〜( ゚∀ ゚)アハ