いい音を聞いて、子どもは育つ

さらにその他 , , 0 Comments

いい音を聞いて、子どもは育つ

 

保育士さんから、こんなことを聞くことがあります。

「子どもの聴く力が育っていない」

子どもたちが、人の話だけではなくて、

周りから聞こえてくる音にも関心が無いようなのだとか。

私たちの身の回りには、たくさんの音が溢れています。

お料理の音、鳥の声、人の足音、衣擦れの音、

車の音、学校のチャイム、廃品回収の拡声器…。

そのなかでも、

朝のじゅうじゅういう音は、目玉焼き^^♪とか、

夜に聞こえてくる足音は、パパ^^!とか、

この鳥の声は、すずめちゃんじゃないなあ…^^とか、

いろんなうれしい音のサインって、ありますね。

でも、音に無関心だと、そんな喜びにも気づくことができない。

それは

喜びの多いものであってほしい子どもの暮らしにとって

すごくもったいないし、

なにより毎日がすこし物足りないようで、淋しい。

赤ちゃんの頃から

ずーっとテレビがつけっぱなしのお部屋だったりして

静かな環境にいられなかったりすると、

いろんな音に気づく機会が少なくなります。

静かな時間というものを過ごしていなければ

ひとつひとつの音を、個別に知るという機会は少ないからです。

だから、いろんな音の中からひとつの小さな音を

選び取るということも難しいし、

できてもそれに集中することができないかもしれません。

そもそも音に関心を払えずに、

自分にとって大事な音のサインにも無頓着になります。

例えば、足音でママが近づいてきたことがわかる、って、

とってもうれしいことなのに。

子どもに音への関心を育てるためには、

子どもの耳に「心地いい音」を聴かせることです^^

気持ちいい音は聞きたいし、聞くことに集中しやすい。

例えば、オルゴール♪

いい音を聴いて、気持ちよさをいっぱい感じたら、

聞くことの楽しみを感じられるようになります。

いろんな音の中から、自分の聴きたい音を選んで、

それに注意を向けていくこともできるようになるでしょう。

人の話も、しっかり耳を傾けられるようになります。

いい音を、一緒に、いっぱい聴けるといいですね^^

一緒にお話しているときも、

大事なことを小さな声で言ってみたりするのも

内緒話みたいでうれしいし、よく聴こうとしますよ^^