神経衰弱あそび

おもちゃ, 子どもとそだつ , 0 Comments

神経衰弱あそび


4歳とか5歳ころからできるようになる神経衰弱遊び。

ちょうど子どもたちが、文字に興味がわいてくる頃といっしょです。

神経衰弱の遊びが文字獲得に関係あるんだって知ったとき、
やりたくなる遊びが子どものそのときの育ちに関係あるんだって知ったとき、
なんだかすごーく、心から納得したのを思い出します。

子どもたちは、その力をつけるのにぴったりの時期に、ちゃんと自分の力で大きくなろうとしています^^

 

 コドモト「神経衰弱のあそび

 

神経衰弱のあそび^^

おもちゃ , , , , 0 Comments

神経衰弱遊び...キーナーメモリー


神経衰弱の遊びは、4歳とか5歳ころからできるようになります。

モノを見る観察力・記憶力・判断力が要求される遊びです。

こんな難しい力を使って「できた!やった!」を感じられたら、子どもはすっごくうれしいですよね!

 

だから、初めての子どもたちにはぜひ、楽しく遊んでほしいです。

はじめは子どもたちの生活になじみのあるもの…食べ物や動物、花や虫…、

そんな親しみのあるものたちが描かれたカードを用意してあげることをお勧めします。

 

絵も美しく、それぞれのモノがしっかりと描かれているものがいいですね。

そのほうが、色や形、数や量、ものの名前、上下左右…、しっかり見て感じることができますから^^

写真中央のリンゴを見てください。リンゴと、虫くんが顔を出しているリンゴがあります…!

そんな楽しい違いを観察し、記憶し、判断しながら子どもたちは遊びます。

 

じつは、神経衰弱の遊びが子どもたちの「文字獲得の前段階」としてぴったりなのは、このためです。

「似ているけど、違う」そんな字って、たくさんありますね^^

「あ」と「お」、「め」と「ぬ」、「し」や「つ」の向き、いろいろ。 

神経衰弱の遊びは、文字の違いを感じ 自分のものにしていく力を、ゆっくりだけどしっかり、後押ししてくれますよ^^