子どものみたてあそび、つもりあそび^^

さらにその他 , , , , , 2 Comments

みたてあそび、つもりあそび

 

これは、3歳の子です^^

 

おなべから、お味噌汁をよそって

たくさんのお椀に分けてあげています。

 

おなべのなかには、なんにもない^^

けど、

この子のなかには、ある^^

 

 

このころの子どもたちの「みたてあそび」や「つもりあそび」は、

その子の「生活の鏡」です^^

 

自分の経験したことを、

遊びを通じて再現する。

 

誰かがやっていたことだったり、

おとなの仕事であったり、

自分が誰かにしてもらったことだったり…。

とにかく、

なんだかまねしてやってみたいこと^^

 

この写真の子は、

保育園のお昼ご飯の時に、

先生が、みんなのお椀にお味噌汁をついでくれる

その仕事を

あこがれをもって見つめていたのでしょうね^^

 

「やってみたいな」

その気持ちは、

みたて遊び や つもり遊び で 真似してやってみることで

子どもたちを満足させてくれるとともに、

子どもたちがものごとをイメージする力を広げてくれます。

そして

それをやってみたいな、という憧れを

もっともっと高めてくれます^^

 

そうして

その憧れの気持ちがあるからこそ

いろんなことに挑戦して、

少しづつ、いろんなことができるようになってゆく。

 

だから、

わたしたち大人は

「やってみたいな」と思えるような

生活経験の豊かさを、

子どもたちに つくってあげる、

そういう意識でいることが大事だなと思います。

 

子どもたちの見える高さの台で、お料理を作る。

子どもたちのいるところで、針仕事や、ミシンをする。

子どもたちと一緒に、掃除をする。

何かを作ってみる。

何かを直してみる。

 

暮らしをめぐる、いろんなこと。

普段の暮らしを成り立たせるために していること。

子どもたちに、たくさん見せてあげて^^