へいわをねがうこと

さらにその他 , , , , , 0 Comments

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

 

当たり前のことしか、書かれていません。

「せんそうをしない」

「おなかがすいたら、だれでもごはんがたべられる」

こんなことを

見開きのページいっぱいに、絵とともに書いて

この絵本は、いろんな「へいわ」の形を示していきます。

ああ、こうありたいな、

世界のどの国も、こうあれたらいいな、

そう思う。

 

最後に書かれる「へいわ」、それは

「そしてね、

きみとぼくは

ともだちになれるっていうこと。」

うん、そうあってほしい。

そうありたい。

 

絵本「へいわってどんなこと?」

 

日本・中国・韓国の絵本作家が

子どもたちにおくる絵本です。

きっと、いろんな人が、いろんなことを思う。

いろんな「大人」が、いろんなことを言うでしょう。

 

だけど、

子どもたちの、いちばん近くにいる

わたしたち親が、

いちばん

希望や願いや祈りを、もたなくっちゃ^^

 

「日本は○○だから…」とか

「あの国は○○だから…」じゃなくて

 

ママは、こうありたいと思う。

パパは、こうしたいと思う。

だから、

きみにも、同じ想いでいてほしいと思う。

 

怨みや遺恨を、子どもに託すのはよくない。

だけど、

世界を愛することは、子どもに託すべきことです。

 

こういう本が、家にあること。

子供の目に見えるところに、手の届くところにあるということ。

そういうことが、

子どもの近くにいる大人ができる

ひとつの主張で、実践で、メッセージです。

 

なにも世間に向かって、声高に言わなくてもいい。

一番身近な

自分の子どもにむかって、

静かに、願いを込めて、

まずは伝えよう。