お人形さんとぬいぐるみと、お世話遊び

さらにその他 , , , 0 Comments

お人形さんと、お世話遊び

 

お人形さんやぬいぐるみは、はじめ

子どもたちの、お世話あそびの「赤ちゃん」です。

 

抱っこしたり、おんぶしたり、寝かせたり、ご飯をあげたり…。

だから、

それにふさわしい「体のつくり」が、とっても大事^^

 

例えば、

*だっこやおんぶのときに感じる、適度な重さがあること。
(よしよし…って揺すってあげるときに、重みを感じないのはつまんない!)

*ねんねやお座りなど、手足や腰が、自由に動くこと。

*抱き心地がいいこと。
(柔らかすぎてぺったんこになったり、硬くて痛かったら、だっこしたくない! )

*汚れたら洗濯ができること。

*頑丈なつくりであること(^O^)ヤッパネ 

 

だから、

赤ちゃんの時に与えるお人形やぬいぐるみは、

ママやパパが、ちょっと気にしてあげてください^^

1歳2ヶ月とか3ヶ月とか、それくらいから、

いっちょまえに お世話遊びが始まります^^

 

自分がママやパパにしてもらっているように

「赤ちゃん」を 大事にお世話して、

自分が得ている満足を お人形さんにも与えて、

自分の満足を、もう一度 体験しています(〃ω〃)

 

「お世話遊び」。

子どもの、とっても幸せなあそびです。