子どものけんか

おおきくなる子ども , 0 Comments

子どものけんか

『子どものけんか』

 

友達とけんかして帰ってくることがあります。すっごくぷんぷんしています。

だけど、いつだって次の日にはいつもどおり、子どもはすごい。

 

「だってすきだもん」「あのこも、わたしのことすきだもん」っていう、

そんなシンプルな気持ちをわたしも信じられたらいいな。ほんとにうらやましい!

人とのつきあいかたを学んでる子ども時代だからこその、特別な力ですね^^

 

だから、きょうだいげんかも、大いにけっこう!

でも、

「おかーさん!兄ちゃんが!」

「だってこいつが…!」

うるさいうるさいうるさいです。

で、親は裁判官になりがち。

ケンカの流れを見てたり、二人の話を聞いたりして、

「あんたがわるい!」と、どちらかを罪人にします。

そして片方はニコニコ、片方はぶっす〜…。

でもじつは、子どものケンカは

「誰が悪いのか」を決めて、

「ごめんなさいを言わせること」は

そんなに大事なことじゃない。

たとえケンカをしていても、

すぐにお互いにケロっとして

また一緒に遊ぶのが子ども。

それに、下手に大人が口を出すから、

ケンカがこじれたりして…(^^;

幼いもの同士、いっぱいケンカして、

悔しい思いや後悔を経験しながら

人との関係を分かっていくのが

子ども時代です。

うるさいけど、ものすごくうるさいけど、

「おかーさーん!」ってめんどくさいけど、

「そーかそーか」って互いの話を聞くだけにして

ほっとくのがいちばん^^ラクチンデスシ♪