子どもとおちゃわん

さらにその他 , , 0 Comments

子どもとおちゃわん

 

6歳さんが通う保育園では

自分で土粘土をこねて、形を作って、色をつけて、

自分のお茶碗をつくります^^

 

給食の時に、自分のお茶碗で、ご飯を食べるんですって^^

 

「自分のつくったお茶碗で、ご飯を食べる」

って、

大人だって、すっごくわくわくする^^

いいなあ!

 

だけど、子どもたちにとっては

まず、形を作るのが、難しい。

自分の手より大きいものを作るんだもん、難しい^^

くぼみをつくったり、ヘリをきれいにしたり、

形を整えるのも、とっても難しい。

ガタガタしないように、座りをよくするのも、難しい。

 

「上手にできたい…!」

という 楽しみな気持ちと、

「できないかもしれない…」

という 不安な気持ち。

 

あ、うまくいった、という うれしい気持ちと、

周りの子と比べて

自分の不満な部分を気にしちゃう気持ち。

 

大きくなると、

周りのこともよく見えるから、

みんなのなかの「自分」が分かるから、

「できる」とか

「できない」を

感じて、すごくドキドキすることがある。

 

そんななかでも

「つくってみたい!」

「自分の作ったお茶碗で、ご飯を食べたい!」

「みんなで、一緒に食べたい!」

そんなあこがれの気持ちをいっぱいもって

頑張ったんだろうね(*^_^*)

 

どれもどれも、

とってもすてきなお茶碗です^^