かばんねこ店主ブログ
コドモト

明日はかばんねこ営業日

かばんねこ木のおもちゃ専門店

明日はかばんねこの日です^^
10‐17時
開けています。


8月の営業日は
8/7(日)
8/14(日)
8/21(日)
ぜひぜひお寄りくださいませ!


先週は5か月ぶりのオープンでしたが、
今までお店にみえてくれたかた、
もうお友達じゃないかと勝手に思ってるかたが
ニコニコ続々いらしてくれて、
うれしかった!


やっぱり、直接お話を聞いて
おもちゃの提案をして、
いいものを選ぼうと
うんうん悩むお客さまに寄り添えることがとても幸せでありがたく


ほんとうに長い間
好きな仕事をさせてもらっていたなあと思いました。


そのとき
面白くもすてきだったのが
こちらのお客さま


『前におもちゃを紹介してもらって
買ったんですけど、
ほんとは「えーこれ?」って
思ってたんです。
でも実際、すごく遊ぶんです。

他にも〇〇をすすめてもらって
「ほんとかな〰」って感じで買ったんですけど
それもやっぱり、よく遊ぶんです。』


この話はどこに着地するのか…と
ドキドキして聞いていたら


『だから、今回も
お勧めしてくれたの買います!』


なんと!

すなおー-----!!
すてきー-----!!


すごくうれしかったのですけれど、
同時に
かばんねこはこういうこと
できてるかなーと
どきどきしました。


たぶん、わたし
「えーなんか違うと思う
わたしがいいと思ったの買う!」
ってするような気がする。


よく、
すなおなひとが伸びるとか
助言されたことをすぐやるひとが伸びるとか
言われます。


でも、深い知識のない分野で
わたしたちはなぜか
それをよく知っている人の助言よりも

自分の感覚や判断のほうを
ふしぎな自信をもって選んだりする。


お金をかけるから
というより

「失敗したくない」から
「損したくない」から
他人の言うことより自分の感覚を信じる選択をする。


そしてそれは
良い結果をもたらさないことが多い。


だって、
「それをよく知っているひと」は
自分の「あたりまえ」とそぐわないことを言ってくるんだもん。
だから「ほんとかなー」と疑うし、
「違う」と拒否したくなる。


けれど
それだと
結局今まで繰り返してきた現実と
そんなにかわらない結果が繰り返されるだけで、
新しい喜びや発見や経験につながることは少ない。


だって、「今までと同じ自分」が選んでいるんだもん、
「今までと同じような結果」がやってくる。


でも、その人を信じてみたら。
えーと思っても、
自分よりそれをよく知っている人を信じてみたら。
今までの自分と「違う」選択をすることになる。


今までの自分と
「違う選択をしてみる」ことは
今までの自分と
「違う未来に行ける可能性がある」
ということだ。


自分ではよくわからないことについて
他者の助言をきくというのは
よくやることだけれど

それを聞いて
実際に「実行する」ひとは、
少ないのかもしれない。


自分の感覚を信じて別を選ぶか、
保留して、そのまま時間がたつか。


そして、
いつまでも、何も変わらない。


どちらの選択が、自分を
新しい、よりよい道に
連れて行ってくれるのだろう。


「失敗したくない」は
じつはものすごく
自分の未来を狭めてしまう考えだなと
改めておもいました。


自分の得たいものを、
「損得」とか「知らないから不安」とか
目先のことでなく


いつでももっと先の
「ほんとうに得たいもの」をよくみて
選んでいきたいなと
お客さまからいただいた気づきでした。


こんな楽しいことがあるから、
お客さまとの出会いは
すばらっしい^^
いつもありがとうございます。


では明日、
まってまーす!!!




























コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。