かばんねこ店主ブログ
コドモト

3びきのこぶた、お話パズル

3匹のこぶたパズル

「3匹のこぶた」のお話パズル

右のカラフルなほうのが、ひとつ出てきました^^
なんと、かぶやりんご、樽まであるの!
この3つが出てくるお話を読むと、3ばんめのこぶたの生き残るための知恵がずるがしこく、粘るおおかみが健気に見えてくるからふしぎ。
子どもたちはどんなふうに思っていたんでしょう、聞いてみたいです。

かばんねこ家では寝る前の絵本の後、電気を消して、ふとんのなかで素話を聞いてそのまま寝る(私も)のがふつうだったのですが、子どもたちが親になったときに同じようにしてくれるといいなあ…というのがひそかな願い。
とくに妹さんは小6までやらせていただいた強者なので、ぜったいにできるはず。
笠地蔵の歌とかかちかちやまの方言とか、もう私、プロじゃないかと思ってるもの。

どの人にも、あってほしいなと思います。
親や身近な大人にしてもらって、いい思い出があって、自分の子どもにも贈りたいとおもうもの。
子ども時代のよい思い出は、そのひとを優しく、強くするから。

私もたくさん子どもに贈っていられていたらいいなと願いつつ…
みなさん、気をつけて。
子どもが高校卒業して家を出たらもう何もできないですよ、ほんとに。
かばんねこもびっくりしています。今。

というわけで、
こぶたのパズル、どちらもあります^^

左の白木の方はね、大ぶたちゃんのわらの家が最後の大なべになるし、レンガの家のえんとつなんて、おおかみがシューッと落ちるんですよ!
そしてどっちのパズルも、ちゃんと机に立てて遊べます。

「ふっふのふうー!」
「わあー!(と言ってわらの家を吹き飛ぶように動かす)」
って、できます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です