じぶんでできたり、気づいたりするから、成長する

さらにその他 0 Comments

子どもは、できることをします。
できないことは、しません。

 

だから、なにかを手渡すと、
触ったりなめたり振ったりぶつけてみたり、
自分のできることを総動員して、
「ためして」みる。

そうしたら、
小さい子なら「音が鳴った!」とか「はずんだ!」とか「ぴったり重なった!」とか「ぐにゅってなった!」とか。

大きい子なら「ぜんぶ積めた!」とか「大きい順にできた!」とか「(やろうとおもったことが)できた!」とか「(何かが)わかった!」とか。

 

それを「自分で」、
自分で気づいたり、できたり、わかったりするから、
面白いし、心が動くし、わくわくするんだ。
(大人に教えてもらったって面白くない!)

そして「自分で」できたり気づいたりわかったりするからこそ、
その喜びが意欲になってもっともっといろいろやってみるうちに、
子どもは成長するんだよね。

 

その道具や環境やわくわくとの「出会い方」を、
大人は子どものために、工夫できるんですよ。

そんな、講座です。
ぜひぜひ、出会ってみて^^

 

11/24(土)かばんねこたぶん4周年の講座
子どもが育つ「モノ」と「ヒト」

11/24(土)かばんねこで、あそびとまなび『子どもが育つ「モノ」と「ヒト」』知ると変わる!お部屋の整え方・おとなの関わり方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA