子どもに曳かれて山登り

子どもとゆく 0 Comments

| コメント(6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶん昔のことになりますが、このブログがお生まれになった日の昼間

(2週間昔。時間の概念は相対的なのです)、

私は7歳の息子と山登りをしていたのでした。

 

息子が通っていた保育園のOB会「はだしの会」、秋の定例山登り。

目指すは赤城鍋割山、標高1300メートル(箕輪の駐車場からは何メートル?)。

保育園では4歳児が挑戦する山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生になったOBの子どもたちにとってはいい遊び場なのでしょう。

走る走る!

岩場や石ごろごろの急坂を、駆け上っては遊び、こけては遊び、また走る…

ちょっと!! あとでおっかあ~つかれたあ~~、とか言っても知らないからねえ!!

今に見てろお、へたったら笑ってやるう!!

…と息巻いてみたものの、早々にへたったのはこちら、

ももを一生懸命あげて無言で歩む母…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、紅葉がやはり見事でした。

もみじの赤が、白樺の幹にぱっと輝くように映えて、とても美しい!

わあ~、と立ちどまってもみじを眩しそうに眺める大人たちと、

見てほしいものを見てくれず、おかまいなしに走り回る子どもたち。

(でも、大人よりいいものやきれいなものを見ていたりするんですけどね…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上についても物足りないのか、

笹の斜面を駆け下りたり上ったり、木を見つけては木を上ったり下りたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩に集まっては水晶やらなんやらを探して石をガンガンぶつけ、

まつぼっくりを大量に集め、

お弁当をたいらげたと思いきやまた走ってどこかに行ってしまう…

疲れたの「」の字も出ないのでした。

 

お見事!

もちろん下山も超スピードで駆け下りていらっしゃいました。

コメント(6)

こんばんわ^^
えーと?
つまり昼間に山を登って、夜にはブログ開始??
ものすごいパワーですね><

しかしパワーでは子どもたちには勝てなかったようで^^;
本当に子どもたちのあの行動力はどこから来てるのか、不思議でなりません。
しかも独特の視線で色々と見て学んでいるんですから、
子どもってみんな天才ですね!

 

こんばんは、

>目指すは赤城鍋割山、標高1300メートル(箕輪の駐車場からは何メートル?)。
>保育園では4歳児が挑戦する山です。
えっと、写真で見る限り本当に4歳児が挑戦する山かと思ってしまうような険しさですね

きっと自分も子供と一緒に行っても
置いて行かれちゃうんだろうな・・・

その夜にさらに
ブログの設置をしたのですからすごいの一言に尽きますね^^

 

こんばんは、

子供は元気ですよね。
私なんかもうダメです。 ^^;)

すでにおばあちゃんの領域。
おっかあがんばれ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です