神経衰弱のあそび^^

おもちゃ , , , , 0 Comments

神経衰弱遊び...キーナーメモリー


神経衰弱の遊びは、4歳とか5歳ころからできるようになります。

モノを見る観察力・記憶力・判断力が要求される遊びです。

こんな難しい力を使って「できた!やった!」を感じられたら、子どもはすっごくうれしいですよね!

 

だから、初めての子どもたちにはぜひ、楽しく遊んでほしいです。

はじめは子どもたちの生活になじみのあるもの…食べ物や動物、花や虫…、

そんな親しみのあるものたちが描かれたカードを用意してあげることをお勧めします。

 

絵も美しく、それぞれのモノがしっかりと描かれているものがいいですね。

そのほうが、色や形、数や量、ものの名前、上下左右…、しっかり見て感じることができますから^^

写真中央のリンゴを見てください。リンゴと、虫くんが顔を出しているリンゴがあります…!

そんな楽しい違いを観察し、記憶し、判断しながら子どもたちは遊びます。

 

じつは、神経衰弱の遊びが子どもたちの「文字獲得の前段階」としてぴったりなのは、このためです。

「似ているけど、違う」そんな字って、たくさんありますね^^

「あ」と「お」、「め」と「ぬ」、「し」や「つ」の向き、いろいろ。 

神経衰弱の遊びは、文字の違いを感じ 自分のものにしていく力を、ゆっくりだけどしっかり、後押ししてくれますよ^^

 

 

    

子どもたちに、手仕事の遊び…続き^^

さらにその他 , , , , , 0 Comments

指編みは、4歳さんくらいからかな^^リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

指編みは、4歳さんくらいからかな^^

リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

 

子どもたちは、

何分もかかって、

あるいは何日もかかって、

根気よく作り続け、仕上げていきます。

 

そこには、

「疲れたけど、もう少しがんばろう」…と

自分自身をコントロールする姿を感じます。

それは

「がんばりなさい!」と

外から指示されるのではなく、

子ども自身のい内側からわきあがる

「がんばりたい!」力です^^

 

そして、

自分の満足いくまであそびこんだとき、

または「できあがった!」と実感するまでに至ったとき、

子どもたちは、

とってもとってもいい顔を見せてくれます^^!

 

だから、大人のかたは、

編み方を教えて

困ったところを助けてあげることに加えて、

もし 途中で「また今度」ということになったら、

その子の作っているものが仕上がるまで

その「また今度」の状態を、そのまま保ってあげられるよう

工夫してあげてほしいです^^

 

指編みなら、指の代わりに何か棒を通して

崩れないようにしてあげる。

リリアンや織り機などの道具なら、

糸と一緒にしまえるよう、箱を用意してあげる。

そして、「子どもの目に見える場所」に、

一緒に片付ける。

 

いつでも、

目に入って あっと思ったときに、できるように^^

続きをやろう…と思ったときに、できるように^^

 

 

そして、出来上がったら

その出来上がったものを見て、

一緒に喜んであげてください^^

「長ーーーーいのができたねえ^^!!!」

「ここで糸の色を変えたんだね、この色好きだなあ^^」

「前よりも編み目がとってもきれいだよ^^」

 

でもそのとき、

「ところでこれ、何に使うの?」なんて

質問はナシ^^!!!!

 

髪飾りしたり

鍋敷きにしてみたり

ポシェットを作ってみたり、

いろいろ作れますけれど、

まず子どもたちにとっては、

目的はさておき

「その手仕事が楽しい^^!」

「その手仕事をやりたい^^!」

んですから(^O^)

 

楽しい遊びに、目的なんて無いのダーヽ(´▽`)/

 

その先の作りたいものが無ければ、

また糸をほどいて

はじめから遊んじゃえばいいのダーヽ(´▽`)/