魚を「知ってる」

さらにその他 , , , 0 Comments

魚を「知ってる」

 

さんまも、もうおしまいですね^^

お腹を開いてじゃぶじゃぶ洗うお仕事も、繁忙期はおしまい。

 

さんまを焼くまでの下準備をするだけだけど、

その過程は

目にも鼻にも手触りも、刺激がいっぱい^^!

 

つるつるすべるさんまの体、

まんまるの目、開いた口、

ハサミでお腹を切る感触と、その薄さを感じる抵抗のなさ。

にゅるにゅるぶにょぶにょの内蔵の手触り、

引っ張り出すときのひっかかり、

魚のにおい、血の匂い、

内蔵の赤いの、黒いの、いろいろ色、

にゅるにゅるのなかでたまに触れる 骨の感じ。

洗い終わって塩を振ると、

さんまのつるつる皮との手触りの違いが面白い。

手に傷がついてると、塩がしみる。

手を洗っても、手がくさーーーーーい!

 

何回もやってるけど、

この盛りだくさんの刺激は、いつでもほんとに楽しいみたい^^

 

「魚」ってどんな形で、どんな色で、どこに住んでる。

それだけだと、「知ってる」けど、「知らない」のとおんなじくらい。

でも、もう一歩、

触った感じ、匂い、直接見る色、食べるやり方。

泳いでるところを見たり、魚釣りや、つかみ取りとかも^^

体で感じれば、もっといい知識になると思います。

楽しさやわくわくが一緒だと、もっといい^^

自分が感じたことや思ったことと一緒に、「魚」を知ることができるから。

 

 

((( あ、お肉の方は…本だのみだなあ…(^_^;)   )))