ガラガラで、いないいないばあ!

さらにその他 , , 0 Comments

木のガラガラで、いないいないばあ

 

うさぎの両方の耳が、左右にかたかた動きます。

国産の木で作られた、うさぎの顔のガラガラです。

 

うさぎのにっこり口は、赤ちゃんの手にはとっても握りやすい^^

その口をしっかり握って、もう片方の手で、うさぎの耳を かちゃかちゃ…

 

こんなふうに、ひとり遊びも楽しいけれど、

誰かと一緒にも、遊んでほしい^^

 

うさぎのお口は「のぞきあな」でもあります。

穴のむこうに、大好きなひとが見えたら うれしい^^

そして、

その大好きな人にぜひしてほしいのは、「いないいないばあ」。

うさぎで自分の顔をかくして、

「いないいない…^^」

 

だけど、写真を見てください。

顔が、ちゃんとかくれていませんね^^

「いないいない…」だけど、ちょっと見えているのが、

赤ちゃんには、とっても安心なんです。

 

「本当にいなくなっていないことが、分かるから。」

 

赤ちゃんは、ちょっと見えているからこそ、

安心して、リラックスして、

「ばあ!」と 大好きな人の顔がにっこり出てくるのを

わくわくで待っています^^

 

 

4ヶ月半の赤ちゃん…じぶんを大発見^^

さらにその他 , , , 0 Comments

4ヶ月半の赤ちゃんの遊び

 

4ヶ月半ころになると、赤ちゃんはこんなふうに

両手をからませて遊ぶようになります^^

 

両方の手で、右手と左手を互いに触り合うことで、

「じぶんのからだ」を発見しているのでしょう^^

これ、よくうごくねえ、おもしろいねえ、って♪

 

こういうとき、

赤ちゃんに軽いガラガラを持たせてあげると、

赤ちゃんはそれを握って、見つめて、口につけて、なめて…、

五感を使って、それを知ろうとします。

 

そして、こういう遊びを通じて、赤ちゃんは

自分の体と、自分の体を動かすこと、

そしてそれによってできることを

知っていくんですね^^

 

例えば、

指をぐっと握ると、ものをつかめること。

腕をふると、持っているものの音が出ること。

手でモノを持って口に持っていけること。

またそうすると、口や舌でもモノを感じられること…。

 

自分の体とは違う、ガラガラという「モノ」があるからこそ

それを触っている「じぶんのからだ」もよくわかるし、

「モノ」を動かすことを通じて、自分がしている動きもよくわかる^^

 

おもちゃで遊びながら、

「自分のからだ」と「自分のからだができること」を

知っていくんです。

 

 

ちなみに…^^

赤ちゃんは、こういう発見と一緒に、

最初に見つけた「手」で いろいろ探検しているうちに

赤ちゃんは、自分の

「あたま」や「みみ」や「あし」も、見つけていきます^^

 

神妙な顔で ずーーーーっと、触っています。

大発見なんですねえ^^

見ているこっちは、とっても面白いけど^^♪

 

 

赤ちゃん、世界を知る

さらにその他 , , , 0 Comments

この木のおもちゃは、「シャカシャカ」

国産の安全な木で作られた、ガラガラです。

なめらかに磨かれ、

膨らみの中はくり抜かれて、小さな石が入れられています。

少し動くと、しゃらしゃら…

振ると、しゃかしゃか…

小さな、いい音が^^

 

木のおもちゃ「シャカシャカ」  国産の安全な木で作られた、ガラガラです。

 

「これにさわりたい!」

「これがほしい!」

 

赤ちゃんが、

自分の目でとらえて

選んだものに手を伸ばして

つかんだとき、

 

それは、赤ちゃんにとって

すてきなものであってほしい^^

 

気持ちいい手触りのもの

心地よい色のもの

いい音がするもの

自然のいい香りがするもの

 

そして、赤ちゃんだからこそ、

舐めても安全なもの。

口で、舌で、

「これはなにかな?」って存分に調べても

大丈夫なもの。

 

 

赤ちゃんは、生まれたて。

自分のいる世界を、

小さな体で、小さな手で、五感を総動員して

知ろうとしている。

 

だから、

身の回りにおいてあげるものには、

気持ちいい手触りのもの

心地よい色のもの

いい音がするもの

自然のいい香りがするもの

安全なもの

細やかに気を配ってあげたい。

 

「この自分のいる世界は、なかなかいいところみたいだぞ^^」

そんなふうに感じて、

この世界を期待して、大きくなってほしいな^^