かばんねこよりのお知らせ

11/12(月)シュタイナー教育を体験する。「お絵かき教室」

なぜ、シュタイナー教育の方法が効果的といわれるのでしょうか。
学び自体が楽しいだけではなくて、人が成長する過程によりそった教育法であることが、その大切な要となります。

この講座では、実際にシュタイナー教育の授業を体験するように進められます。
ご自身で体験し、また先生のお話を聞いて、家庭でも取り入れられる考え方や取り組みをおみやげにしてください^^

今回のキーワードは、「育てる」

幼稚園や学校での絵の描き方は「今日は○○を描きましょう」というように、最初に「テーマ」が決まっていることがほとんどです。

そうなると、はじめから出来上がりの「ゴール」が定められているので、そこから逆算するように「ココにはあれ、あそこにはこれを描きましょう」になります。
描く「もの」も「位置」も「大きさ」も、すべて決められてしまっていたりします。

 

そして下書きを経て、いよいよ本番。

でもそんなふうに「ゴール」から決められて指示されたとおりにやってみても、子どもが実際に描いてみると、そのとおりになることはまずありません。

そうすると、
「失敗した」
「上手くいかない」
そんな経験ばかりがたくさんになって…、
結果、「絵はキライ」「じょうずに描けないからヤダ」。

わたしたち大人の多くは、そんな経験を通して「絵は苦手で…」という気持ちを育ててしまっているのかもしれませんね。

 

「そこにはない、見えないゴール」に向かって後ろ向きに逆算して描く。
これは、子どもにとってかなりの難問です。
「楽しくない」と多くの子どもたちが思うのも、無理ないことです。

 

では、もっと小さい頃のことを、あなたは覚えていますか?
何でも好きなように描いていたころのこと。

身近にお絵かきを始めたばかりの小さな子がいたら、そっと気づかれないように見てみてください。
たぶん、誰も最初に「ゴール」なんて決めていないはず。

「今日は何を描こうかな?」
そんな風にお絵かきの旅に出発している。

 

もう一度、その「ものがたり」の旅に、一緒に出掛けませんか?
絵を気軽に描く、その楽しさを取り戻してください。

 

こんなかたは、ぜひぜひご参加くださいね。
・絵が描けたらいいな
・絵を描く楽しみが増えたらいいな
・こどもと一緒にお絵かきを楽しみたいな。その時どんなことに気を付けたらいいのだろう。
・どうして子供時代に絵を描くのが大切なんだろう
・お絵かきは子どもの「なに」を育てるのだろう。

子どもと絵を描くとき、大人がかたちを教えてしまうと、もったいないよ

使うのは、シュタイナー教育でよく使われる「ブロッククレヨン」。
色彩的にも使いやすさも、とても優れています。
身近なクレヨンで、大人も気軽に楽しめる「おえかき教室」。

あの自由で、のびのびとクレヨンを動かす開放の感覚を、もういちど^^!

シュタイナー教育を体験する。「お絵かき教室」

11/12(月)10:00-12:00

参加費

おひとり3,000円(材料費込)
※講座終了後にもし希望がありましたら、個別相談も受け付けます(20分2000円)

持ち物

お持ちのかたは、シュトックマーのブロッククレヨン。こちらでも用意します。

講師

にじ工房 新井理惠せんせい
日本・イギリス・オランダにてシュタイナー教育と「バイオグラフィーワーク」を学ぶ。
2005年より前橋市にて、シュタイナー教育子どもクラスと大人の手仕事クラス「にじ工房」を運営。
2013年より高崎市にて、アートとクラフトの各種ワークショップと雑貨店「にじのもり」をひらいている。

・教室紹介
前橋市「小学生クラス(週一月曜)」「大人手しごとクラス(月2水曜)」
高崎市 シュタイナー教育に基づいた「學習塾・モネ」(小~高校生、水金土)」
ホームページ「にじ工房」
フェイスブック「にじ工房・にじのもり」「学習塾・モネ」

お申込み・お問い合わせは、かばんねこまで

電話 0277-46-6644
(10-17:30 木土祝お休み。留守電OK!)

お問い合わせフォームから

 

シュタイナー教育とは

モンテッソーリとならび、「家庭でできるシュタイナー教育」などのタイトルを子育て雑誌で見かけたり、幼稚園などで取り入れられていたりするので、目にする機会は多いかもしれませんね。

ドイツで始まったシュタイナー教育は、「こどもの成長過程」と「個性(気質とも言います)」の両面から、一人一人を見守りながら自己肯定感を育てていく教育法です。
知識や学力に偏らず創造力、感性を育むことで人格をバランスよく育てます。

具体的には、アートをはじめとする体験重視の授業が中心になります。特に小学生低学年ではその傾向が強いです。

ページトップ(新)