かばんねこよりのお知らせ

6/23【毎月第4日曜】シュタイナー 幼児ぬらし絵クラス

シュタイナー教育『ぬらし絵』

6月から、シュタイナー教育の先生による「シュタイナー幼児ぬらし絵クラス」が始まります^^!

ぬらし絵とは、画用紙をたっぷりのお水に浸してから水彩絵の具で描く、シュタイナー教育独特の技法です。

植物由来の発色が美しい絵の具を、太い筆で「す~っ」「くるくるっ」「ポトン」・・・
好きなように動かすと、絵の具はゆっくり広がっていきます。

きれいな色彩に触れているうちに、不思議と気持ちが落ち着いて、無言になる瞬間があります。

小さな子どもたちの瞳が静かな喜びに輝くとき、
無心に色たちとこころのなかで自由に遊んでいるとき、
子ども達は誰とも競う必要も比べられる恐れもない場所で、「自分だけのオリジナルな未来への翼」を育てています。

シュタイナー
幼児ぬらし絵クラス

6/23【毎月第4日曜】
13
:30~14:30

対象

3歳さんから、小学校入学までのお子さんと保護者

参加費

​初回体験 3,000円
その後継続の場合は、入会金15,000円(きょうだいなど2人めからは3,000円)
※入会金には、筆・画板・画材代などが含まれます。

「ぬらし絵」は「にじみ絵」とも言われます。
芸術をとおして子どもの感性を育てる「シュタイナー教育」で取り入れられている、独特の絵の描き方です。

あらかじめ水で濡らした紙の上に、筆で絵の具の色をのせていきます。
すると、色がだんだんにじんで、じんわり広がっていきます。しずかなわくわくの体験です。

色を変えながら自由に描いていくと、にじんだ絵の具どうしが混じり合って新しい色が生まれたり、思いもよらないかたちが生まれたりします。

 

明確な形を描くものではないので、うまい・へたはありません。
ただ、じぶんと色との、ゆったりした時間があるだけ。

そして使う絵の具も、赤・青・黃の3色だけ。
けれども、色をのせるごとに、画用紙には美しい色たちが踊るのです。

 

子どもたちは歓声をあげたり、じっと色の広がりを見つめたり、次はどうやって色をのせようかと考えたり……、いろんな受けとめ方をします。

海外ではリハビリや医療の現場でも利用されているとのこと。
力を抜いて、自由に広がる色を見ると呼吸が深くなり、リラックスできる効果があるそうです。

透明感のある植物の色たちが優しくこころに響き、ただ色と遊んでいるだけで、穏やかに癒されます。
濡らし絵は、絵の具と偶然とが生み出す「ハーモニー」です。

自由に、おもうままにに色と遊ぶことをつうじて、感性とイメージの力も育つでしょう。

シュタイナー教育 ぬらし絵

講師

にじ工房 新井理惠
日本・イギリス・オランダにてシュタイナー教育と「バイオグラフィーワーク」を学ぶ。
2005年より前橋市にて、シュタイナー教育子どもクラスと大人の手仕事クラス「にじ工房」を運営。
2013年より高崎市にて、アートとクラフトの各種ワークショップと雑貨店「にじのもり」をひらいている。

・シュタイナー教育とは
ドイツの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した、自分・他者・環境と調和し、バランスよく「自分の能力を発揮する」「自分らしく生きる」ことを目指す教育です。「全人教育」とも呼ばれます。
シュタイナー教育の学校は、世界中に800校以上あります。日本では幼児教育が有名ですが、大人の学び、農業、医療、セラピーなど様々な分野にその考えは広がっています。

・教室紹介
前橋市「小学生クラス(週一火曜)」「大人手しごとクラス(月2水曜)」
高崎市 シュタイナー教育に基づいた「學習塾・モネ」(小~高校生、水金土)」
ホームページ「にじ工房」
フェイスブック「にじ工房・にじのもり」「学習塾・モネ」

お申し込み・お問い合わせは、かばんねこへ

・電話で : 0277-46-6644

 

・ラインで

友だち追加ボタンからQRコードを読み取ってかばんねこのラインを登録ください。
メールよりも手軽に講座の申込みや問合わせのやりとりができます。
(友だち追加いただきますと、講座やお得な情報もお届けいたします)

友だち追加

 

・問合せフォームで

下記フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。

お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
メールアドレス確認 *
電話番号
お問い合せ区分 *
(複数選択可)
ご質問・ご相談内容

上記内容で送信します。よろしければ、送信ボタンを押して下さい。

ページトップ(新)