3びきのこぶた、組木とパズル

おもちゃ 0 Comments

3びきのこぶた

ぱっとみて、分かりますね^^

「3びきのこぶたのお話だ!」

 

さあ、どちらがお好きですか^^?(かばんねこは、どっちも!)

左が、でこぼこ工房さんの組木。

右が、つつき工房さんのパズル。

 

3匹のこぶたに、おおかみ。

わらの家、木の家、レンガの家も、ちゃあんとそろっています^^

(組木の方はわかりにくいかな?でも、枠から外してみると、すごいんです!)

(パズルの方は、本来のお話どおりの「りんご」と「かぶ」と「たる」つき!)

 

木幅が大きいので、家も、子ぶたたちも、しっかり立ちます。

だから、お話あそびが、始まります。

 

「こんな家、ふきとばしちまうぞ! ふっ、ふうの、ふうー!!!」

って、わらの家や木の家を、子どもたちが

おおかみになったつもりで、吹きとばしちまうこともできます^^

楽しい!

 

組木だけじゃない、パズルだけじゃない、

お話あそびできることが、とってもうれしい。

 

なじみのある物語だっていうことも、遊びの入り口になりますね。

サンタさんの贈りものに、おすすめします^^

 

 

クリスマスリース

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

クリスマスリース

今日土曜日も、お店を開けています^^

11月・12月の定休日は、木曜日だけ。

どうぞ、お越しくださいね。

 

さて、少し日があいてしまいましたが、

小さなクリスマス飾り、最後は「モミの枝のリース」です。

写真のように近くで見ても、やっぱり本物のような枝葉のつくり。

枝ぶりや葉の色の変化も、とても丁寧に作られています。

 

まあるい円のかたちを生かして、どんなふうにリースを飾ろうか…。

それを考えるのは、ツリーを飾るのとはまた違った楽しみがあります^^

 

こちらは、去年の飾り。

クリスマスリース

ぜんぜん雰囲気が、違いますね^^

星空を旅するニルスのよう。

オーナメントを少し変えるだけで、毎年ちがう、リースの作品を飾ることができます。

造花と組み合わせても、美しいでしょうね。

 

皆が集うお部屋に、玄関に、飾り棚のメインに、どうぞ。

クリスマスを待つ毎日の喜びが、ひとつ、増えます^^

 

*クリスマスリース 3024円

*オーナメント付き 7107円
(ダーラナホース929円×3 星324円×4)

 

 

明日の有鄰館出店と、ペグ差しのおもちゃと、講座のご案内。

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

ペグのおもちゃ

明日11月3日(祝)、かばんねこは有鄰館にて、Room of KIRYU に出店しています。

9:30~16:00、レンガ蔵です。

おとなりは伊東屋珈琲さん。勝手にうれしがっています^^

明日はお天気のようですので、桐生ファッションウィークのお散歩がてら、お立ち寄りくださいね。

 

さて

写真は、「ペグ差し」のおもちゃです。

ペグの穴は、縦横に9個ずつ。10個じゃないんです。

なぜでしょう?

…それは、「中心がわかる」から!

 

はじめは色も数も関係なく、ただぺクを挿すことが楽しくて遊ぶ子どもたちですが、

そのうちに「秩序」を見つけ出します。

同じ色を並べる。

色を集める。

色を交互にする。

色の数をひとつずつ増やして、階段になるよう並べていく。

そんなふうに、自分で決めた色の順番や数のきめごとのとおりに、ペグを挿していくようになります。

 

そんなことをしているうちに、

台の端のほうから、ひとつづつ挿していく…、と!

最後に、「まんなか」が残るじゃないですか^^

「中心」の発見です。

 

中心がわかると、デザインの遊びは、もっといろんな展開が開けます。

半分の線で、左右対称にする。

縦横に半分にわけて、4つの部屋を作る。

そこに現れされていく、子どもたちの色や形の「秩序」たち。

順番や、きまりごとを自分で決めて、その「秩序」に沿って、模様を作っていくのです。

 

その仕事の途中の子どもたちの、まじめな、でもわくわくするような顔。

集中している姿。

じっくり見て、手直しする慎重な指先。

できあがったときの、満足そうな顔…!

見ていてとっても、親として、幸せですよ^^

 

子どもの試行錯誤をしっかり受け止めて、喜びと満足をもたらしてくれるおもちゃは、

ほとんどがこのペグ差しのように、単純なものです。

そしてこういうおもちゃは、子どもは自分からは、選びません。

だって、見た目、地味だから^^

その良さを知るおとなが選んで、用意してあげるべきものです。

そしておうちにあれば必ず、子どもたちは心を傾けてあそぶおもちゃです。

 

子どもの育ちと、子どもに必要なあそび。そして、大人の関わり方。

知ると、とてもいいことがあります。

ぜひ一緒に、少しの時間、学んでみませんか?

 

11月8日(日)かばんねこの、一周年を記念して開催する講座です。

「子どもの育ちと遊びの講座 … まいにち育つ、子どものために。子どもと育つ、おとなのために。」

午後の回に、まだ余裕があります。

ぜひ、お子さんとの毎日に、お役だてくださいね^^

 

 

シフォンスカーフの魔法

おもちゃ 0 Comments

シフォンスカーフ

ふわふわ・さらさらのシフォンスカーフ。

赤ちゃんは、とっても大好きです。

 

ねんねの頃には、ちょうど視線の先になる、おなかの上に吊るしてあげます。

自然の風や空調や、人の動きで、ふんわり、ゆらゆらと揺れてくれますから、

赤ちゃんはその動きをじーっと見て、ひとりあそび^^

鮮やかな色も、赤ちゃんの目をひいてくれますね。

ねんねの頃からだって、ちゃあんと見たいものを見て、遊びます。

自立の始まり^^

 

お座りができるようになったら、頭の上にかぶさるように、ふわーんふわーんと上下に揺らしてあげます。

ニコニコうれしくて、触りたくて手をのばす様子が、とってもかわいい。

お顔にすりすりしてみたり、引っ張りっこしてみたり。

いないいないばあ!にも大活躍です^^

顔にかぶせても、薄い生地のおかげで、布の向こう側が見えますから、

だから、不安にならないし、自分はかくれてるつもり^^!

 

それに、

みず色は、海や川に。

みどり色は、山や森に。

白は雪。

積み木の、いろんな風景になりますね。

 

ままごとにも、ごっこあそびにも、大活躍ですよ。

エプロンやショール、ドレスや、マント。

黒は忍者に。白は花嫁に。

2枚を結べば、お人形のおんぶ紐にもなりますね。

 

ただの、四角の、布きれだけど。

子どもたちの遊びのなかで、いろんなものに変化して、

赤ちゃんの頃から、大きくなるまで、

たくさんの喜びをもたらしてくれる、シフォンスカーフです^^

 

 

お人形遊びから、背筋をのばす

おもちゃ, 子どもをおもう 0 Comments

ゆび人形

「揺りイスをゆらしすぎて転んだお母さんと、助けに行くお父さん」

だそうです。

お人形遊びやままごとをしている子どもの会話を聞いていると、

どこかで聞いたようなセリフがいっぱいですね。

ひー!やめてー!と言いたくなっちゃうことも^^

 

子どもは、自分の身近なひとから、特に家族から、たくさんのことを学んでいます。

直接教えられる物事だけではなくて、

ふるまいや態度、

ことば、

考え方、

感情や、その表現のしかた。

 

だって、大好きなひとだから、条件なしに信頼しているから、

おんなじようにまねるのは、あたりまえ。

 

「だってお母さんがそう言ったもん」

「お父さんがそうしてたもん」

お母さんやお父さんは、なんの疑いもなく、正しいのです。

 

背筋が伸びますねえ^^

 

ところで冒頭の写真。

こんなふうに、店主は子どもに思われているということでしょうか??

 

 

すてきな発見と表現

おもちゃ 0 Comments

パターンブロック

三角をこんなふうに並べると、まっすぐになるんだね^^

お花の茎の、すてきな表現。

 

「あっ!こうしたらいいみたい」って、気づいた時は、うれしかったでしょうね。

うまくできて、満足だったでしょうね。

 

こういう小さな作品を、お店のあちこちに見つけるたびに

かばんねこは、うれしくなります^^

 

*「パターンブロック」
250ピース 7600円(税抜)
125ピース 4000円(税抜)

 

 

鳥に話しかけよう

おもちゃ 0 Comments

バードコール

先日お客さまにお問い合わせいただいた、バードコール。

鳥のお腹や木の真ん中をしっかり持って、足を左右にねじってみてくださいね。

とっても良い声で、鳴きますよ^^

 

かばんねこの柿の木にも、すずめちゃんやメジロちゃんがやってきます。

バードコールで「ぴぴぴー♪」と呼びかけると、こっちを向いてくれます。

お返事も、してくれますよ。

うれしい!

 

 

かえるさん、運動会プレゼントへ

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

かえるさんジャンプ、運動会へ

かえるさんジャンプ、運動会プレゼントになりました。

 

指ではじいて、ぴょん!ぴょん!!

だれがいちばん遠くまでジャンプできる?

だれがいちばん高くジャンプできる?

入れ物に、ジャンプさせてうまく入れられる?

子どもたちに、人気のおもちゃです。

 

どんなに小さいプレゼントでも、子どもたちへの「がんばったね!」の贈りもの。

やっぱりリボンはかけたい!

数が多すぎるとくじけるかもしれませんが、

贈る先生たちのうれしさのため、もらう子どもたちとご家族の喜びのため、

かばんねこもがんばります^^

 

 

子どものおもちゃは

おもちゃ, 子どもをおもう 0 Comments

自分から働きかけるおもちゃ、パロ

電池で動くおもちゃ、たくさんあります。

子どもが興味をもって遊んでいるようにみえるけれど、実際はどうなのでしょうね。

いつも同じ動き、そしていつも同じ速さ、いつも同じ音量の効果音、

いつも同じ、何通りかの機械のおしゃべり…。

こういうものは、

子どもたちのその時その時のこころのありように、寄りそってくれるでしょうか。

 

子どもがおもちゃに合わせている、そんな様子も見られたりしますし、

子どもの遊びなのに、子どもの主体的な働きかけがないように感じます。

わくわくするような心の動きも、きっと少ない。

 

子ども自身のペースで遊べること。

子ども自身の「やってみたい」気持ちを、おもちゃから動いたり音を出したりしないで待っていてくれること。

ああしてみよう、こうしてみよう、こうしたらどうかな?じゃあ、これは?…って、

手も、頭も、わくわくするような感じで、子ども自身が主導で、主体的に遊べること。

 

やっぱり、子どもが自分から手を動かして、想像して、考えて、遊ぶこと。

おもちゃに働きかけることによって、なにかが起こること。

そういうことが大事です。子どもの楽しみにも、子どもの育ちにも。

 

 

追記:

こんな、子どもの育ちと遊びのお話、聞いてみませんか?

11月8(日)かばんねこ一周年記念講座

ぜったいに、これからの子どもとの暮らしの、役に立ちます^^

 

 

プレイマイスがだいすきー!

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

プレイマイス

土曜日の太田のマルシェには、たくさんのかたのご来場をいただきました^^

ありがとうございました!

 

かばんねこは、良いおもちゃたちの販売と、プレイマイスのワークショップをさせていただきました。

プレイマイスで遊ぶ子どもたちの姿は、いつもほんとうにすてきです。

かばんねこが大好きなワークショップです。

 

子どもたちに説明するときは、両手にプレイマイスを持って、

「プレイマイスをふたつ持ってみてね。

かたっぽに水をちょんちょん…ってつけて、ぴた!…、ほら、くっついた^^!

手のひらでくるくる丸めると、まん丸になるし…

ぎゅーっとつぶすと、ぺったんこになるよ。

好きな形になるように、ハサミでちょっきんもできるよ。」

そんなふうに説明する私の手元を、すごーく真剣な顔で見つめる顔が、まずはすごくすてき。

そして、そっと手を伸ばしてプレイマイスをつまみ、やってみて…

プレイマイスがくっついたときの、いい顔^^もすてき。

どんどん夢中になって、輝くような目で集中している姿も。

できた!と、ママやかばんねこの顔を見上げるときの顔も。

作品を大事に袋に入れるときの、丁寧さも。

見ているだけで、ほんとうにうれしくなるんです^^

 

かばんねこは子どもたちの姿に、たくさんの喜びをいただいています。

小さいみなさん、いっぱい遊んでくれて、ありがとうございます^^!

 

 

 

 

小さいおもちゃの贈りもの

お店のこと, おもちゃ 0 Comments

小さいおもちゃの贈りもの

運動会での子どもたちへのプレゼントにということで、

小さい贈りものを、店の中からかきあつめています。

先生たちは、とっても楽しそうに、悩む悩む^^

 

予算は限られているけれど、でも100円ショップとか駄菓子とかの手軽なものに流されずに、

できるだけ良いものを贈りたい!

そういう先生たちの気持ちに、かばんねこも誠実に応えたいです。

 

さてさて、運動会は10月。

がんばった子どもたちに、どんなおもちゃたちが手渡されるのでしょうね^^

 

 

カプラから、子どもの「満足」を感じています

おもちゃ, 子どもをおもう 0 Comments

kapla

カプラの塔が、できていました。

ママがおもちゃを見ている間に、子どもたちも、自分のための遊びを楽しんでいます。

この写真、「ああ、満足した!」っていう、カプラの出来を感じませんか?

自分の「こうしてみよう」を、しっかり目の前に作り出せた、「満足」。

(そしてかばんねこの不満と後悔は、もっとカプラを出しときゃよかった!しまったー!です)

 

あれ、なんだか静かだな…と思ったときは、だいたい、

子どもたちは集中して、自分のための良い体験をしていますね。

それは、米びつから米をつかんでは出して…ということだったり、

自分の足にマジックをぬりたくることだったり、

洗濯バサミを窓の外にぽとんぽとんと落としてみることだったり、

まあ、びっくりすること、困っちゃうこともたくさんですけれど(上の3つはうちの兄ちゃんの実例です)、

 

子どもたちは、そうやって、何を感じているんでしょうね?

どんな喜びがあるんでしょうね?

どんなことが分かったり、気づいたりしているんでしょうね?

そう思うように努力(!?)してみると^^気が楽です。

 

満足したら、じきにちゃんと、終わりますし。

何度も繰り返すかもしれませんけれど、でもしっかり満足したら、子どもたちは自分でおしまいにしますから。

 

やってみよう!を大事にしてもらっている子は、そんなふうにして、

大きくなってからも、いろんなことへの「やってみたい!やってみよう!」の気持ちを、

自分のなかに、しっかり育てていきます。

大きくなってから「好奇心」「意欲」「挑戦する気持ち」を持て、って言われたって、困っちゃう。

小さいうちから、やってみたいな…を、大事にしていきたいですね。

大変なことも、ママのためいきも、いっぱいかもだけど^^!