子どもを「待つ」ちから

子どもとそだつ , 0 Comments

子どもを「待つ」ちから

親には「子どもがそのうちできることを、待つ」がんばりが必要ですねー^^;

なんでできないの?早く早く!あの子はできるのに…

どうしても気になる親心です。

でも親は、子どもが自分でできるように手伝って、ただ期待して「待つ」。

その親の姿が、子どもが自分で自分を育てていける、すごい力になるんですよ^^

 

コドモト「子どもの遊びと、育ちのめやす」 

 

   

ネフの積木におもう

子どもとそだつ , , , 0 Comments

ネフの積木におもう

『ネフの積木におもう』

ネフの積木を見ると、ああ、美しいなあ…といつも思います。

そして、いつも感じることがあります。

「子どもを育てるというのは、親の思いを伝えることだなあ」って。

美しいものの素晴らしさを知っている人は、美しいものを与えたり、触れさせる機会を大事にします。

食べ物が体にあたえる影響をよく知っている人は、子どもが食べるものに、心をくだきます。

学びの喜びや恩恵を知っている人は、同じ思いを体験できるよう、環境や教育に配慮します。

自分の知っている「よいもの」を子どもに伝えたいと願うのです。

あなたは、どんな「よいもの」を、子どもに伝えたいのでしょう^^

わたしはそれを知りたいです。

 

    

アナログゲームは、コミュニケーションツール

さらにその他 , , , 0 Comments

アナログゲームは、コミュニケーションツール

「アナログゲームは、コミュニケーションツール」

 

親にとってアナログゲームの魅力は、子どものいろんな顔を見られること^^

 

うれしい顔や、くやしい顔の他にも、

何か作戦を考えてるような顔、

それがうまくいきそうで笑いをかみ殺す顔、

あれ?という動揺を押し隠す顔、

得意になって大人に何かを教えてくれる顔、

いろいろ^^カワイー!

それに、

ゲームが進むうちに、おしゃべりも進んじゃうのもうれしい。

ゲームとは関係ない話も飛び出しますよ、

学校のこととか、友達のこととか。

一緒に同じことをして、

視線が合って、笑いあって、

おしゃべりして…。

アナログゲームって、親子のすっごいコミュニケーションツール^^

 

 

友だちに、イヤって言える?

さらにその他 , , 0 Comments

友だちにイヤと言える

「この子は自分のことを好きだ。」

仲良しの友達のことを そんなふうにしっかり感じていれば、

そんな、友だちに対する安心感があれば、

「イヤだ」って、友だちにちゃんと「NO」が言えます。

 

いま、そのことに困難を感じている子がいます。

親ができることって何だろうなあ…って、考えています。

 

親が子どもの友だちのことに、なかなか口出しはできません。

だから、

まずは親が、しっかり子どもに自分の愛情を伝えて、

親に対しては、いつでも「イヤ!」って 安心の気持ちで言えること。

まずはそれを、しっかり保障してあげたいです。

 

そしたら、友だちにも

「でも、わたしはイヤなんだ」

「でも、わたしはこうしたいな」って

自分の気持ちをしっかり伝えていける、

そんな土台ができていくんじゃないかな…、そんな気持ちでいます。

 

どうしても、自分の大事な子どものことです、焦ってしまいますが^^

 

 

家族に甘える

さらにその他 , , , 0 Comments

家族

 

調理実習後、兄ちゃんは時々

母にいいように騙されて、朝ご飯を作ります。

「しょーがねえなあ〜(#^.^#)」

でもほんとは、騙されてくれてるのかもしれません。

 

わあー寝坊したー朝ごはんお願い〜!!!なんてことも、

あったりします。

兄ちゃんはやっぱり、

「しょーがねえなあ〜(`・ω・´)」

って言いながら、さっさか動いてくれたりします。

 

こんなふうに、

完璧じゃない母を子どもに許してもらって、

また子どもも、いろんな未熟さを親に許してもらって、

甘えたり、甘えられたり、

そんなことのために、家族はあるのかなあ〜なんて

思ったりします^^

 

バタバタ慌てる母を尻目に

あくびをしながらご飯作りの兄ちゃん。

その後ろで妹も、

自分のキッチンでご飯作り…^^

 

 

子ども自身のための

さらにその他 , 0 Comments

夏に、ちくちく縫って 作っていた荒馬、みんなで毎日、楽しく踊っていたんだね^^

 

夏に、ちくちく縫って 作っていた荒馬、

みんなで毎日

楽しく踊っていたんだね^^

 

運動会では

みんな

とってもいい顔をして

とっても気持ちよさそうに

荒馬を踊っていました。

 

わたしたち親に見せるためじゃなくて、

子どもたちが

友達みんなで響きあって、

ワクワクする気持ちで

体いっぱい、のびのびと

気持ちよく踊ること。

 

私たち親に見せるための踊りじゃない、

子どもたち自身のための踊り。

 

それが、

先生たちにとっても

わたしたち親にとっても、

一番大事なこと。

 

ニコニコ顔で、良くわかるよ^^

心いっぱいの喜びを

わたしたちにも見せてくれて、

ほんとうにありがとう!

 

誕生日を迎えて

そのほかいろいろ , , 0 Comments

誕生の日。 たぶん親なら誰でも、 生まれたての赤ちゃんには、 「健康で、大きくなって」って それしか望んでいません。だけど、不思議ですね^^ 大きくなるごとに、子どもに望むことは どんどん変わってくる(^_^;)

 

誕生の日。
たぶん親なら誰でも、
生まれたての赤ちゃんには、
「健康で、大きくなって」って
それしか望んでいません。

だけど、不思議ですね^^
大きくなるごとに、子どもに望むことは
どんどん変わってくる(^_^;)

私は、子どもを育てる喜びって、
二つあるのかなあ、って感じています。

ひとつはやっぱり、
「子どもに期待できる喜び」
もうひとつは、
「子どもを幸せにできる喜び」

だけど、
期待だけが大きくなると、
子どもから見たらそれは、
条件付きの愛情になっちゃう。
そうして
「わたしはあなたのこどもなのに、
無条件では愛してもらえないんだ」って子どもは感じる。

そしてその親の期待が大きくなりすぎると、
子どもは親に愛されているという実感を、まったく
感じられなくなってしまいます。

それは、親も子どもも、悲しい。
期待する将来以前に、この今が、悲しい。

だから、わたしは
もうひとつの喜びの方を、大きく持ちたいと思います。
将来 幸せになるということも大事だけど、
「今、この瞬間」を、
この子が幸せに過ごすことができるように…

この幸せな瞬間の積み重ねが、
将来もこの子を幸せにするんだ!
…って、
そんなのんびりで、いいんじゃないかな(*^_^*)
って思っています。

そうしたら
理屈抜きで、子育てを楽しめる
…というより、
「子どもと暮らすことを」楽しめる^^
なにより
子どももわたしも、幸せ♡

そんな想いで、子どもと暮らしています♪

 


*************

誕生日を迎えて、
私を育ててくれた両親のことと
親になった私のことを
ぼんやり思い出して考えていたら、
こんな文になりました。
はじめは違うことを考えてたのになあ(^_^;)ヘンダナー

 

 

子どもと、大好きな大人^^

おおきくなる子ども , , 0 Comments

子どもと、大好きな大人^^

 

先週の3連休中、2日間は兄ちゃんのサッカー大会(*_*)アツイヨ

 

うまくいったりいかなかったり、

楽しかったり、悔しかったり、

わくわくしたり心臓がぎゅうっとなったり、

いろんな気持ちを、しっかり味わったんだろうなあ♪

最後には、みんな、こんなにいい顔をして

写真を撮りました^^

 

親とも先生とも違う大人に

深く付き合ってもらうって、

ほんとうに有り難いことだなあと、

コーチたちを見ていて思います。

 

たくさんの大人と出会っていくなかで

大好きな大人のひと、尊敬する大人のひと、憧れる大人のひと、

そんなすてきな大人との出会いを、

いっぱいでなくても、たった一人でもいい、

子どもたちには

しっかり感じて、大事にしてほしいな^^