子どもに文化を伝えたいなら

さらにその他 , , , , , 0 Comments

子どもに文化を伝えたいなら

 

6歳さんの運動会の表現「虎舞(とらまい)」

岩手県三陸・釜石の港町に伝わる踊りだそうですよ^^

太鼓の音を感じて、体全体で伸び、しゃがみ、跳ぶ!

ちいさい虎ちゃんたちが生き生きと動き、とてもいい表情で笑うのが

観ていてとても幸せでした^^

 

日本人の誇りとか郷土文化とか地域を知るとか、いろいろ言われるけど、

自分の体を通じて楽しくわくわくと「文化」を感じることが、

子どもたちにとって、いちばんいい学びなんだろうなあ^^

 

 

子どもが「表現」できる環境をつくってみる

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもがいつでも表現できる環境

 

冷蔵庫のマグネットが、新しい作品になっていました。

「なわとび」ですね^^

 

今日、6歳さんは、友達と長縄をして遊んだんです。

楽しかったんですね^^

跳んでいる子の、ぴょんと膝を曲げている感じ、とてもよくわかる。

 

こんなとき、

子どもの目にふととまって 自分の気持ちを表現できる「もの」があるって、

やっぱりいいなあと思います^^

こんなふうに、いろんな形のマグネットでもいいし、

画用紙と色鉛筆でもいいし、

粘土とか、他のもっと気軽な工作材料でもいいし、

楽器でふんふんと歌をうたってもいい。

 

「ふと目にとまって」っていうのが、なんとも言えず、いいんです^^

「そうだ、やろう^^!」の、ちょうどいいきっかけになる。

 

描きながら、作りながら、

子どもたちは、楽しかったできごとを振り返りながら

同じ体験をもういちど繰り返し、

幸せな気持ちをもう一度、じっくりと味わう。

「作る」「描く」楽しみは、こんな喜びからも育まれます^^

 

そういうわけで、

台所の冷蔵庫のマグネットと同じ役割として、

居間には画用紙とペン・色鉛筆が、

いつも「すぐ目について見えるところ」に、置いてあります。

子どものため半分^^作品を見るわたしの楽しみのため半分^^

 

子どもの「いい」表現を求める前に

さらにその他 , , , , 0 Comments

子どもの表現、生き生き、のびのびしてる?

 

大人は子どもに

「生き生き」「のびのび」とした表現を求めるけれど、

子どもが「いい表現」をするということは、

その子どものなかに

「いいもの」が入っていなければなりません。

そして、

その子のなかに「いいもの」が入っているかどうかは

その子どもがどれだけ「いい環境」のなかで

過ごしているかということに尽きる。

美しいものを見ている?

いい音を聞いている?

気持ちのいいものに触れている?

子どもと過ごす毎日のなか、

子どもが見たり触れたりするものに、

どれだけ周りの大人が意識を向けているか。

もしあなたが、そこに無頓着でいるなら、

あなたは、

子どもに「いいもの」を求めることはできない。

 

 

運動会も教育です。子どもにいいものを伝えたい!

さらにその他 , , , 0 Comments

運動会も教育です。子どもにいいものを伝えたい!

 

子どもたちに手渡されるものは、担任の先生によるものが大きいなあ。

運動会の表現は「虎舞(とらまい)」

岩手県三陸・釜石一帯の港町に伝わる踊りだそうですよ。

民舞は子どもが学校に上がって5年目にして、初めて。

保育園以来で、とってもうれしいです^^

しっかり腰を落としてしゃがむ、すっと立つ、

早く、ゆっくり、緩急のある動き、

力強い、しなやかな、手足の運び、

民舞って、ほんとうにいいな^^

学校も、アウトメディアとか、そんなことを言ってくるのに

渡されるプリントにはアニメの絵がばんばんついてくるし、

運動会の表現なんて、それこそ子供番組やアニメの曲がほとんどです。

美術や制作も、独自の工夫の余地がなかったり、美しさは二の次だったり。

 

地域のことや文化や美しいもの、そういうのって

日頃の、日常のなんでもないところから、

子どもにたくさん触れさせていくべきだと思う。

学校に多くは求めないけれど、

それが「先生による」ところが大きいのは、とっても残念。

大地を蹴って跳ねる!走る!虎舞。

子どもたちが、太鼓の音を体全体で感じて

踊るわくわくや気持ちよさを満喫してくれたら、いちばんいいな^^

 

 

子どもと絵

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもと絵

 

「おっかー、くつのかきかた、おしえてあげようか^^ニコニコ」

…くつ…(°д°)クツ?

素直に、教えてもらうことにしました。

 

「こうやって、こうくにゅーっとして、こう^^ やってみて!」

「こうやって、くにゅーっとして、こう…。 どお??」

「いいね!(・∀・)ヨシヨシ」

 

きっと、今までマルの形で描いていた

ドラえもん型の足を、

新たに足らしく描くやりかたを 発見したのでしょう(*^_^*)

 

 

絵は、「形を教えない」方が、面白い^^

 

たとえば、そこでわたしが

「それじゃ靴下じゃん」とか

「あんまりくつに見えない」とか

「くつって、もっとこんな感じでしょう」とか言って、

 

「教えてあげるつもりで」

「もっと上手に描けるよう助言するつもりで」

 

もっと靴らしいものを描いてあげたとしても、

 

それは

子どもにとっては、

「あなたは未熟だ」とか

「わたしが正しい」とか

そんなメッセージしか伝わらない。

 

おまけに、

その子がこの次、「くつ」を描くとき

「くつ」といえば「この形」という

いつでも決まりきった表現になってしまうでしょう。

だって、大好きなママが、パパが、そう描いたんだもん。

 

一度形を教えてしまうと、

それが子どもにとっての「形」になってしまいます。

 

「くつ」でなくて、「うさぎ」とか「ねこ」のほうが

わかりやすいかな^^

ママやパパが最初に描いて教えた形が、

その子の「うさぎ」

その子の「ねこ」になっちゃう。

 

そんなの、つまんない!(´-ω-`)ツマンネー

自分の子どもの、

自由な感じ方を、感じたいもん^^

 

 

ぜんぜんそれらしく見えなくても、

その子は「うさぎ」を描いたのです^^

 

大人がサッサッと描ける「形」を教えなくても、

子どもたちは じきに

自分で形をとらえて表現していくことができる。

 

それまでは

「自分の見えたように」

「自分の感じたように」

子どもたちが表現する姿を、楽しみましょう^^ヨ

 

子どものこころを感じたいときは…

おおきくなる子ども , , 0 Comments

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。 だから、何で表現するか...?それは、絵を描くこと^^

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。

だから、何で表現するか…?

 

それは、絵を描くこと^^

 

小さい子にとって、絵、

または 絵のようなもの(ぐるぐる渦巻きのような線とか、丸がいっぱいの絵とか…)は、

心の表現なのだそうです。

 

言葉でまだ自分の気持ちを上手にあらわせないからこそ、

自分を表現できるもの、「絵」が、

小さい子にとっては、すごく大切なんでしょうね(^^♪

 

そう思うと、

絵は、子どもたちの「ことば」でもあるんだなあ…。

それは、子どもが絵を描きながら

何やら一人でしゃべっている姿を見ても、感じます^^

 

自分の好きな色を使って、自由に奔放に、

画面いっぱいに絵を描けたら、

子どもたちは

さぞかし気持ちがいいことでしょう♪

内なる心を、ぱあっ…と表現できたら^^

 

楽しいことやうれしいことだけじゃなく、

嫌な気持ちなんかも、

なぐり書きのような線でもなんでも、

描くことで発散できたら…^^

 

上手・下手は関係ない、

「じょうずじょうず、いい子ね~」

だけじゃ、つまらないです。

 

どんな絵を描いたのか、お話を聞いてみてください^^

絵で一度、心を表現しているから、

言葉の表現も、しやすくなっているかもしれないです。

 

きっと、すてきな驚きや、喜びがあります^^♪