工作をする子ども、絵を描く子ども

さらにその他 , , , 0 Comments

工作をする子ども、絵を描く子ども

 

子どもを育てる人に、

工作や絵を描くことって、けっこう軽んじられています。

だけど、

ただの粘土や紙を、形のあるなにかにするってこと。

ただの粘土や紙を、自分のイメージ通りになるよう作るってこと。

こんなふうに考えると、どうでしょう^^イメージカワル?

どんなふうにしようかな?どうしたらいいのかな?

子どもたちは、すごーく、考えます。

考えながら、やってみて、

手を動かしながら、工夫して、やり直す。

その営みは、子どもが「自分で自分を育ててる!」

そんなふうに、思ってほしい^^

 

 

赤ちゃん、絵に出会う

さらにその他 , , , 0 Comments

赤ちゃん、絵に出会う

 

子どもって、自分からペンやクレヨンを持って

お絵描きを始めるわけではありません。

お兄ちゃんやお姉ちゃんとか、上の子がいたら

まねっこしてやりたくなるかもしれませんが、

はじめての子だったりして まねっこしたくなるモデルがいない場合、

大人がさせてあげないと

「絵を描く」というすてきな体験に出会えないかもしれません。

 

ぜひあなたが、

大きな白い紙と

手に持ちやすい 太いクレヨンやペンを与えて、

「絵を描く」楽しい遊びを教えてあげてください^^

 

はじめは、なぐり描きです^^

そりゃあもう、力いっぱい

上から腕を振り下ろすようにして、だんだんだん!

左右に大きく腕を振って、がしがしがし!

もちろん紙だって気にせずはみ出しです。

 

だけど、楽しい!気持ちいい!

 

「でも、そんな絵なら、お絵かきなんてべつにさせなくてもいいんじゃない?」

「もっと大きくなってからでいいんじゃない?」

うんうん、ただのわけのわからない、落書きみたいですもんね^^

だけど、そんな絵も、じきにだんだん変わってきますよ♪

 

腕や手首の動かし方はなめらかに、力加減もやわらかに、

赤ちゃんが大きくなるほどに、その動きはどんどん変わってきます。

自分が描く線を、自分の目でじっくり見ながら、手を動かすようにもなります。

絵は、どんどん変わってきますよ^^♪

 

殴り描きが線になり、ぐるぐる巻きになり、

そのぐるぐるが、ひとつひとつの輪になり、

そのうちに輪がぴったり閉じる、きれいな丸になり…。

 

描くという行為を始めることは、

なんにもない紙の上に

なにかを生み出していく、創造的な遊びです。

 

自分で自由に表現していけることは、とてもうれしいこと^^

子どもたちはきっと

大好きな人だったり、大好きなものだったり、

いろんなものを紙の上に描いていくでしょう^^

自分の楽しい気持ちを、嬉しい気持ちを、悲しい気持ちを、

ペンやクレヨンに乗せて、描いていくでしょう^^

 

そんな絵の、お話を聞いてみてくださいね。

ひとつひとつ、自信たっぷりに教えてくれるでしょう^^

 

まあ、写真のように

キャンバスは紙の上にとどまらない時もありますけどね(^_^;)アリー

子どもと絵

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもと絵

 

「おっかー、くつのかきかた、おしえてあげようか^^ニコニコ」

…くつ…(°д°)クツ?

素直に、教えてもらうことにしました。

 

「こうやって、こうくにゅーっとして、こう^^ やってみて!」

「こうやって、くにゅーっとして、こう…。 どお??」

「いいね!(・∀・)ヨシヨシ」

 

きっと、今までマルの形で描いていた

ドラえもん型の足を、

新たに足らしく描くやりかたを 発見したのでしょう(*^_^*)

 

 

絵は、「形を教えない」方が、面白い^^

 

たとえば、そこでわたしが

「それじゃ靴下じゃん」とか

「あんまりくつに見えない」とか

「くつって、もっとこんな感じでしょう」とか言って、

 

「教えてあげるつもりで」

「もっと上手に描けるよう助言するつもりで」

 

もっと靴らしいものを描いてあげたとしても、

 

それは

子どもにとっては、

「あなたは未熟だ」とか

「わたしが正しい」とか

そんなメッセージしか伝わらない。

 

おまけに、

その子がこの次、「くつ」を描くとき

「くつ」といえば「この形」という

いつでも決まりきった表現になってしまうでしょう。

だって、大好きなママが、パパが、そう描いたんだもん。

 

一度形を教えてしまうと、

それが子どもにとっての「形」になってしまいます。

 

「くつ」でなくて、「うさぎ」とか「ねこ」のほうが

わかりやすいかな^^

ママやパパが最初に描いて教えた形が、

その子の「うさぎ」

その子の「ねこ」になっちゃう。

 

そんなの、つまんない!(´-ω-`)ツマンネー

自分の子どもの、

自由な感じ方を、感じたいもん^^

 

 

ぜんぜんそれらしく見えなくても、

その子は「うさぎ」を描いたのです^^

 

大人がサッサッと描ける「形」を教えなくても、

子どもたちは じきに

自分で形をとらえて表現していくことができる。

 

それまでは

「自分の見えたように」

「自分の感じたように」

子どもたちが表現する姿を、楽しみましょう^^ヨ

 

子どものこころを感じたいときは…

おおきくなる子ども , , 0 Comments

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。 だから、何で表現するか...?それは、絵を描くこと^^

小さな子どもは、自分の気持ちを言葉にすることが、難しい。

だから、何で表現するか…?

 

それは、絵を描くこと^^

 

小さい子にとって、絵、

または 絵のようなもの(ぐるぐる渦巻きのような線とか、丸がいっぱいの絵とか…)は、

心の表現なのだそうです。

 

言葉でまだ自分の気持ちを上手にあらわせないからこそ、

自分を表現できるもの、「絵」が、

小さい子にとっては、すごく大切なんでしょうね(^^♪

 

そう思うと、

絵は、子どもたちの「ことば」でもあるんだなあ…。

それは、子どもが絵を描きながら

何やら一人でしゃべっている姿を見ても、感じます^^

 

自分の好きな色を使って、自由に奔放に、

画面いっぱいに絵を描けたら、

子どもたちは

さぞかし気持ちがいいことでしょう♪

内なる心を、ぱあっ…と表現できたら^^

 

楽しいことやうれしいことだけじゃなく、

嫌な気持ちなんかも、

なぐり書きのような線でもなんでも、

描くことで発散できたら…^^

 

上手・下手は関係ない、

「じょうずじょうず、いい子ね~」

だけじゃ、つまらないです。

 

どんな絵を描いたのか、お話を聞いてみてください^^

絵で一度、心を表現しているから、

言葉の表現も、しやすくなっているかもしれないです。

 

きっと、すてきな驚きや、喜びがあります^^♪