絵本・漂流物

本と絵本と 0 Comments

絵本 漂流物

 

「この本は、おはなしを感じる絵本だねー…」

と、静かになりましたので、母も静かにしていました。

「ふー」と満足そうなため息をついて、字のない絵本を読み終わりました^^

…**********

デイヴィット・ウィーズナー作・絵「漂流物」(BL出版)

海で拾った古いカメラからはじまる絵だけの物語。
細部までこまやかに、イメージ豊かに描きこまれた絵が、子どもたちを不思議なわくわくの世界に連れて行ってくれますよ。
大きい子や大人のみなさんにもおすすめです^^

絵本・漂流物

 

絵本は、何のために用意していますか^^?

さらにその他 , , , 0 Comments

絵本は、「読んでやるもの」

 

子どもにとって 本は、「読んでやるもの」です。

自分で読めるようになることなんて、

ぜんぜん大事なこと じゃない。

 

親が、自分のためだけにしてくれる時間、

ママやパパの声や体温のいい気持ち、

お話のわくわくや楽しさを一緒に感じるうれしさ^^

 

そんな「いいこと」をいっぱい感じることのほうが

ずっと大事だし、本も好きになるよ^^♡

 

かばんねこと絵本

さらにその他 , , , 0 Comments

かばんねこと木のおもちゃと絵本

 

かばんねこでは、

実店舗に、絵本も置こうと思います^^

子どもにとって、絵本は おもちゃと同じ。

子どもの暮らしにとって、とても大事な環境です^^

たくさんの子どもたちに選ばれてきた絵本を、

ママと子どもたちに、伝えていけるといいです。

 

ところで

おもちゃ屋さんのオープンは、5月の中旬になりました。

4月と言っていたのに、申し訳ありません…!

 

おいでくださる子どもたちと家族のかたの

楽しみと喜びと

子どもたちが育つ幸せのために、

良い場所を つくりたいです…(>_<)ファイトオ! 

 

 

へいわをねがうこと

さらにその他 , , , , , 0 Comments

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

 

当たり前のことしか、書かれていません。

「せんそうをしない」

「おなかがすいたら、だれでもごはんがたべられる」

こんなことを

見開きのページいっぱいに、絵とともに書いて

この絵本は、いろんな「へいわ」の形を示していきます。

ああ、こうありたいな、

世界のどの国も、こうあれたらいいな、

そう思う。

 

最後に書かれる「へいわ」、それは

「そしてね、

きみとぼくは

ともだちになれるっていうこと。」

うん、そうあってほしい。

そうありたい。

 

絵本「へいわってどんなこと?」

 

日本・中国・韓国の絵本作家が

子どもたちにおくる絵本です。

きっと、いろんな人が、いろんなことを思う。

いろんな「大人」が、いろんなことを言うでしょう。

 

だけど、

子どもたちの、いちばん近くにいる

わたしたち親が、

いちばん

希望や願いや祈りを、もたなくっちゃ^^

 

「日本は○○だから…」とか

「あの国は○○だから…」じゃなくて

 

ママは、こうありたいと思う。

パパは、こうしたいと思う。

だから、

きみにも、同じ想いでいてほしいと思う。

 

怨みや遺恨を、子どもに託すのはよくない。

だけど、

世界を愛することは、子どもに託すべきことです。

 

こういう本が、家にあること。

子供の目に見えるところに、手の届くところにあるということ。

そういうことが、

子どもの近くにいる大人ができる

ひとつの主張で、実践で、メッセージです。

 

なにも世間に向かって、声高に言わなくてもいい。

一番身近な

自分の子どもにむかって、

静かに、願いを込めて、

まずは伝えよう。

 

 

手紙のお返事、くるといいな^^

本と絵本と 0 Comments

5歳さんがトイレのあいだに、 ちょっと拝借して写真を撮っています^^ カラスのパン屋さんに、手紙を出すんですって♪

 

「さんかくぱんと しかくぱんをください おね」
…がいします。

とか、書くのかな?

 

5歳さんがトイレのあいだに、

ちょっと拝借して写真を撮っています^^

 

カラスのパン屋さんに、手紙を出すんですって♪

 

あれ、そんなこと、今までしたことないよね?

どうして手紙??

 

絵本を読んでみたら、分かりました(#^.^#)

はじめの方に、書いてありますよ。

 

「いずみがもりの くろもじさんちょうめの かどの

ちゅうくらいのきに

からすのぱんやさんのおみせが ありました」

 

あっ!!住所……(^^ナルホド♪

 

郵便屋さん、どうぞよろしくお願いいたします^^

 

 

いちごはなんで赤くなるの?

本と絵本と , 0 Comments

ふしぎですねえ、この青いイチゴが、 どうやって赤くなるのでしょう^^?『いちごばたけのちいさなおばあさん』

 

ふしぎですねえ、この青いイチゴが、

どうやって赤くなるのでしょう^^?

 

わたしは子どもたちに

何で?って聞かれたら、こう答えます。

 

「小人さんが、夜のうちにやってきて、

おいしくなあれー♪って、

イチゴに赤い色をぬってくれるんだよー^^」

いちごばたけのちいさなおばあさん

「いちごばたけの ちいさなおばあさん」 (こどものとも傑作集)

この絵本を知っていますか?

 

いちご畑の地下に住んでいる

ちいさなおばあさんが、

夜のうちに畑に出て

青いイチゴに赤い色を塗ってくれるお話です。

 

みんな、おんなじ不思議を感じているんだなあ…♪

初めて読んだ時、とってもうれしかった^^

 

ちいさな小人のおばあさんが、

イチゴに赤い色を塗る…。

 

子どもたちがそんなファンタジーに

わくわくする心を

大事にしてあげたいです^^

 

ほんとうのことなんて、

大きくなるうちに、ちゃんと分かる。

 

不思議なことに思いっきりワクワクドキドキできる

子ども時代は、

しっかりその興奮や喜びや楽しみやおそれを

味わってほしいのです^^