みつろう粘土でキャンドル作り

さらにその他 , , , 0 Comments

みつろう粘土でキャンドル作り

 

東京おもちゃ美術館の、おもちゃまつりに行ってきました^^

年に一度の、おもちゃとあそびのお祭りです。

今年も、ものづくりや遊びのワークショップがいっぱい!

 

写真は、「みつろう粘土でキャンドルづくり」。

透明感のあるみつろう粘土を使って、

三角のキャンドルに 自由に模様をつけていきます。

 

まず、小さくカットされた固いみつろう粘土を

手や指の温かさで柔らかくします。

指で、心地よいやわらかさとつやつやの手触りを感じながら、

どんなふうにしようかな、と考える時間です。

ちょっと考えながらこねこねしているうちに、

固かったみつろう粘土は

ちょうどよく柔らかく、形を作りやすくなるんです^^

 

薄くのばしたみつろう粘土は 光を通して美しく、

形作られたみつろう粘土は 光を受けて、つやつやと光るよう。

 

美しい色、心地よい手触り、よい匂い…。

触っていてこんなに喜びを感じる工作材料は

他に無いかもなあ…なんて感じます。

 

みつろう粘土は、

かばんねこのお店ができたら

ぜひ子どもたちとママたちに体験してほしい

ワークショップのひとつ。

 

どんなふうに、喜びを感じてもらおうかな…^^

 

 

「グッド・トイ2012」ファミリー選考会が始まります!!

おもちゃ , , 4 Comments

みんなで遊ぼう^^みんなで選ぼう^^良いおもちゃ「グッド・トイ」

 

みんなで遊ぼう^^

そして、

みんなで選ぼう^^良いおもちゃ「グッド・トイ」!

 

市場にあふれるおもちゃのなかから

ほんとうに素敵なおもちゃをに与えられる グッドトイ賞♪

あなたも、選考に参加してみませんか^^?

 

東京会場と盛岡会場、

2つの会場には

おもちゃコンサルタント推薦の

魅力的なおもちゃが40点^^

 

この40点のおもちゃは、

120点あまりの推薦おもちゃのなかから

1次選考・2次選考を経て選び抜かれたおもちゃたちです^^

「こんなおもちゃがあるんだ!」って、

びっくり!にっこり^^のおもちゃがたくさんありますよ♪

 

最終選考会の前に、

子どもたちやママやパパや、

実際におもちゃに触れて遊ぶたくさんの人たちに

このおもちゃたちを手に取ってもらって、

 

子どもたちやママやパパは、どんなふうに遊ぶのかな?

どんなところに楽しさを感じるのかな?

どんなコミュニケーションの広がりがあるのかな?

そして、どんなおもちゃを「これがいい♪」って選ぶのかな?

 

そんな皆さんの姿、そして投票の結果を通じて、

いいおもちゃって、どんなもの‥?

わたしたちに教えていただきたいと思っています^^

 

いっぱい遊んで、いっぱい楽しんで、

あなたが選ぶ、良いおもちゃはどれでしょう^^?

 

子どもも大人も、みなさん、ぜひ投票してくださいね♪

みんなでいいおもちゃ、選びましょう^^!

  

  

☆岩手会場(盛岡) 

   5月3日(木)・4日(金)

   10:00~16:00

   イオンモール盛岡・セントラルコートにて

   入場無料

 

☆東京会場(新宿区四谷)

   5月12日(土)・13日(日)

   10:00~16:00

   東京おもちゃ美術館にて

   東京おもちゃ美術館への入館料のみかかります

   (選考会以外にも、いっぱいのおもちゃや遊びの企画があります♪)

  

pazuru.jpg  

いっぱい遊んで、いっぱい楽しんで、

わたしたちに、いいおもちゃを教えてくださいね^^♪

(この写真は遊びのイメージです) 

おもちゃフォーラム

おもちゃ , , 6 Comments

 

 11月6・7日、東京・四谷にある「東京おもちゃ美術館」で、「おもちゃフォーラム」が開催されました。

 

東京おもちゃ美術館

 この美術館は、廃校になった四谷小学校を利用して、建築遺産としての価値を残しながら、遊びやおもちゃの文化伝える施設として生まれました。

 

おもちゃ美術館 遊びの部屋

 世界のおもちゃや国内のおもちゃ作家のおもちゃを展示し、またそれらを使って存分に遊べる、楽しいあそびの文化施設になっています。 

 

 

グッド・トイ受賞おもちゃ

 毎年国内で発売されたおもちゃの中から選ばれる、グッド・トイ受賞おもちゃ。

子供たちの育ちを助け、創造性を刺激して、おもいきり遊びこめるおもちゃたちです。

 

 

 

マトリョーシカちゃん

美術館には、ロシアのマトリョーシカもいっぱい^^

さすがにこれは出して遊べません 

 

 

子どもも大人も夢中!

 ここで開催されるフォーラムは、おもちゃを通じて学び、おもちゃを通じて語り合い、おもちゃを通じてたくさんの人と触れ合える…

とにかく大人も子どももいっぱい遊んで楽しんじゃおう!というお祭りです。

 

 

 

おもちゃ出店には、国内のいろんなおもちゃ作家さんが毎年出展するので、

毎年楽しみにしながら、家の現金をあるだけ持って出かけます。

 

 今回は「森の恵みのおもちゃ博」といって、国産の木のおもちゃとおもちゃ作家さんが

全国から集まった広場がありました。

 

もちろん買い漁ります^^ 

作家さんのおもちゃたち

左上 : フェルトの指人形。だいこんやにんじんを指にはめて、「おいしいよ^^」と、子どもたちの食事を励まします。

右上 : 北海道の作家さんたちの作品。手触りがすばらしいです。奥に見えるのは、木製のオセロ。

左下 : 鳥の起き上がりこぼし。中に鈴が入っていて、いい音がします。ゆっくり動くので、あかちゃんが目で追いかけるのにぴったりです。

下中央 : 屋久杉の箸。離乳食用スプーンはくぼみが浅く、赤ちゃんが食べやすい形です。

右下 : 木製の鳥。滑らかな形と削られた面のでこぼこ、くちばしや目など、美しさと手触りに癒されます。

 

 

いろんな組み木があります

 美術館内にある国内おもちゃ作家の作品を集めたおもちゃ屋さんApty(アプティ)。

組み木のおもちゃに心ひかれ…

 

もっと写真を撮りたかったのに、買い込んだ荷物が両肩にぶら下がっていて、果たせず…

残念!

 

 

無塗装の木のおもちゃはほんとうに素敵です。

色と、手触りと、においと、音と、どれも穏やかで、五感にやさしく響きます。

 ガラガラを調べています。これもあそび^^

赤ちゃんが初めて手にするおもちゃは、やっぱり自然素材がいいな^^

 

 

 

赤ちゃんに本を贈る、ブックスタートという取り組みがありますが、

横浜では、保健師さんが、出産後の家庭訪問の際に

国産の木のおもちゃを届けるウッドスタートという取り組みを始めます。

 

まずはママやパパに、「木のおもちゃはいい!」と思ってもらわないとね!

という職員さんのことばに、

そうですよね、ねー!ねー!  と盛り上がり…

 

こんな取り組みが全国に広がってくれたらいいなあと、

その場にいたみんなで夢見ていました。