かばんねこのレンタルスペース

さらにその他 , , 0 Comments

かばんねこのレンタルスペース

この場所が、かばんねこのレンタルスペースになります。

テーブルや冷蔵庫などのいろいろは、これから入ります^^

 

わたしはずっとおもちゃ屋になりたいと思っていました。

自分の好きなことや学んだこと、得意なことを仕事にしたい、

そんな望みを抱いている方に、使ってほしいと思います。

夢だと思っていたけど、ちょっとチャレンジしてみようかな…

そんなふうに感じられる場所になりたいです。
 

 

レンタルスペースと木のおもちゃ屋を拠点に、

子育てを助けあったり、互いの夢を助けあったり、

結婚や出産、子育て…女性の人生は転機がいっぱいだけど

みんなで互いの子どもを大事にしながら、

みんなでそれぞれの夢も大事にしながら、

いろんな喜びを感じていけるといいなと思います。

 

 

かばんねこのかんばん

さらにその他 , 0 Comments

木のおもちゃと手仕事屋 かばんねこ

かばんねこの看板が、できました^^

「木のおもちゃ うく・ぬーた」の藤信さんが、 かばんねこのロゴを、美しく彫ってくださいました。

 

藤信さんの木のおもちゃたちはどれも丁寧に作られて、 愛らしい姿や顔つきをしています^^

藤信さん、おもちゃたちも楽しみにしてます!

 

 

バタバタかばんねこ@三角お屋根のマーケット

さらにその他 , , , , 0 Comments

かばんねこ@三角お屋根のマーケット

 

しばらくブログをお休みしてしまいました、すみません!

13日のイベントの片付けやらなんやらで…ごにょごにょ…(言い訳です)

 

さて

「三角お屋根のマーケット」、楽しくお店をさせてもらってきました。

イベントに出店させてもらうのは3回目ですが、

まだまだ慣れません。

11時の開始になっても、おもちゃたちの棚の位置は決まらず、

まだ値札をつけている状態…ワアーヽ(;▽;)ノワアー

 

なんとか11歳さんにプレイマイスの看板(写真右下)を作ってもらい、

(↑看板も忘れてきた↑)

ワークショップもなんとかスタート…ワアーヽ(;▽;)ノワアー

 

なんとも情けないスタートでしたが、

見本のおもちゃで遊ぶ子どもたちはニコニコだし、

かわいいねー、木のおもちゃいいねー、と話してくださる

お客さまの顔はすてきだし、

おもちゃのお話をして、満足して納得して

ニコニコしておもちゃをお買い上げいただけるととてもうれしく、

私のほうが、たくさん喜びをいただいた出店でした。

 

11月にオープンする予定の実店舗のご案内もでき、

ますます奮起(`・ω・´)オーシガンバルジョー

 

やっぱり、子どもにとって良いおもちゃをご案内して、

子どもたちと周りの大人のかたたちに

ニコニコ喜んでもらえることが、わたしはとてもうれしいです。

 

おいでくださった皆さん、

かばんねこのブースに立ち寄ってくださった皆さん、

遊んでくれた子どもたち、

それをニコニコ眺めていたママやパパ、

ワークショップに参加してくれた子どもたち、

誰かのためにおもちゃを選んでくださったお客さま、

イベントには来られなかったけれど、ちょっとでも興味をもって

行ってみたいなあと思ってくださったかた、

みなさんに、感謝致します^^

 

少しでも縁のあったかたに、

私が、おもちゃや遊びを通じて役にたてることを

願っています。

そのために、お店作り、がんばろう^^!

 

 

お話が始まりそう…木のおもちゃ「葉っぱの迷路」^^

さらにその他 , , , , 0 Comments

木のおもちゃ・葉っぱの迷路

 

虫くんが、葉っぱを食べながら、

次はどっちの穴にいこうかな、

体をくるん、くるん、

穴から顔をぴょこ、ぴょこ^^!

子どもたちが手指を楽しく動かして遊べるおもちゃですが、

同時に、表情のある虫くんの動きに

自然に虫くんの楽しいお話が生まれてきそうです^^

「こんどはどこにいくのかな?」

「あれ?こっちの穴には行けないね^^」

「そろそろおなかいっぱい!」

ひとりでも楽しく遊べるけれど、

ママや友だちと一緒だと、自然におしゃべりが始まります。

美しくて、楽しいおもちゃです^^

 

 

どうして木のおもちゃ?

さらにその他 , , , 0 Comments

木のおもちゃはやっぱりかばんねこのおすすめ^^

 

どうして木のおもちゃ?

それは、触っていて、気持ちがいいから^^

 

大人だって、同じテーブルでも

スチールやプラスチックはなでなでしないけど、

木だと、なんだか触ってみたくなります。

 

木って、人の肌にいちばん近い、

心地よさを感じる素材なんですって^^

 

生まれたての赤ちゃんが、触るもの。

いろんなモノに出会っていく子どもたちが、触れるもの。

触れて気持ちいいものじゃなくちゃ、

五感が幸せなものじゃなくちゃ、

生まれたこの世界の良さを、感じられないと思う。

 

子どもたちには、自分のいる世界にわくわくして

大きくなってほしいな^^ 

 

木のおもちゃと手仕事屋 かばんねこ をつくります

さらにその他 , , 0 Comments

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

 

「木のおもちゃと手仕事屋 かばんねこ」を、作っています^^

 

だんなさんの築30年の家、和室と客間を使わせていただきます。

今週、リフォームの作業に入りました ヽ(;▽;)ノヤットデス!

 

お客様に見えないところは、自力で作ってみます。

ここは、おもちゃのストックをする場所。

つい1週間前まで、ほとけさん(仏壇)が入っていました(^人^)カンシャ

 

明日は、木がいっぱいの庭に、庭屋さんが入ってくれます。

道路からお店が見えるように、木を半分切ってもらいます。

でも、今までどおり

鳥が来てくれるように、花のある木を残したい(^O^)

 

ゆっくり、亀の歩みですが、

来てくれるかたのことを思いながら、お店を作りたいです。

 

「かたち」を感じよう、遊びながら!

さらにその他 , 0 Comments

「かたち」の木のおもちゃ、パターンブロック

 

「あっ!ひしがた (◎o◎)ワア!!!」

いろいろならべてるうちに、

見覚えのある形になっちゃった((o(*゚▽゚*)o))スゴイ♪

 

こんなふうにして

形を遊びながら、形を感じていく。

 

子どもたちの学びは

こんなのが、いちばんいい(^-^)ネ

 

「かたち」の気持ちいい遊び、パターンブロック

いろいろ遊んでみよう、

どれとどれをあわせても、ぴったり、気持ちいい^^♪

 

「かたち」を、気持ちよく、楽しく、感じよう(^O^)!

大きい子の遊びもどんとこーい!の、いいおもちゃ^^

さらにその他 , , , 0 Comments

木のおもちゃ「大工さん」、だいすき♡

 

叩くのが大好きな赤ちゃんに…って

勧めてるおもちゃだけど…^^♪

 

トンカチで思い切りペグを叩くと、

お尻の方から ピュン!と

別のペグが飛び出しました\(・o・)/オオ!

「どこまで飛んだー^^???」

 

この木のおもちゃは、「大工さん」。

叩くのが大好きな赤ちゃんが トントンして遊ぶ木のおもちゃですが、

小学生くんも、いっぱい遊んでくれました^^

 

おもちゃ屋さんにする部屋の

改装の相談に来てくれた、

ナチュラハウスさんちの、ソーハくん。

いっぱい遊んでくれて、ありがとう^^ネ♪

 

あ、ちなみに、

お店のオープンは、5月中頃になりそうです(^O^)ヤットダアー

 

 

1歳ころの木のおもちゃ「トントン大工さん」

 

おもちゃに出会う前に

さらにその他 , , 0 Comments

私が木のおもちゃ屋さんになろうと思うようになったのは、

「木のおもちゃに出会ったから」

…ではありません^^

 

子どもと一緒に暮らしているうちに、

「子どもが自分で育っていく姿を、子どもに見せてもらった」

そう実感することが、いっぱいあった。

こんなきっかけが、まずあります^^

 

たとえば、この写真。

お父さんが、ドライバーを持ち出して

何か作業をしていたのですけれど、

ふと気づくと、こんなふうにきれいに並べられていたのです。

子どもは自分の力で、育ってゆく

 

お父さんが仕事をしているあいだに、

2歳の赤ちゃんもまた、脇で仕事をしていたのです。

 

色を分ける。

かつ、

大きいのと小さいのを区別する。

かつ、

大小を、同じ色で、組にする。

 

自分の見たものを、秩序をつけて、分ける。

子どもが、モノを自分の目と手で触り、

遊びながら

気づき、判断して、行動したのです。

 

こんな場面にたくさん出会い、

「子どもが 自分で育っていく姿」 を

子どもに見せてもらううちに、

「子どもの身の回りにおいてあげるもの」を

大人がよく選んで用意してあげることが

どんなに大切かということに、

気づくことができました。

 

だから、

木のおもちゃ…というより

「よいおもちゃ」に私がたどり着いたのは

あたりまえかもしれませんね^^

 

 

思えばボードゲームは、花粉の季節にも活躍するのであった

さらにその他 , , 0 Comments

互いに頭をくっつけて、仲良しさん…^^

いえいえ、真剣勝負の真っ最中です♪

木のおもちゃ「動かないで」

「うごかないで」

これが、この木のおもちゃの名前です^^

 

赤・青・黄の3色のペグが、バネの力によって枠のなかに挟まれています。

互いに支え合い、押し合いしてるように見えるペグたち。

でも、それとはかかわり合いにならずに、楽をしているペグもいます。

そのペグを探して、うまく抜いていくゲームです^^

 

少しでもペグや木枠が「カチャッ」って動いたらダメだよ。

よく見て、よく見て、慎重に…!

ほんと、名前通り、「うごかないで」^^

 

順番に一つずつ抜いて、

ペグがうまく抜けたら、自分のもの。

抜けなかったら、もらえません。

 

得点は、ペグが大きい順番に、

赤10点、青5点、黄色1点

ペグが全て抜けたら、総得点で勝敗が決まります^^

 

こんなふうに、ルールは簡単、

4歳くらいからできます。

…が、結構、勝負の行方はわからない。

大人だからって、抜くことができるペグを

楽々見抜けるとは限りません^^

 

意外に大胆に高得点の「赤」を抜いて

勝っちゃうのは、子どもだったり^^♪

 

花粉の季節、

外が辛い大人のみなさんは、

こんなゲームで子どもと楽しむのも

またよろし^^です♪

 

         …ジツハ(;_;)ワタシモ

 

プラステンと、あそびとまなび

さらにその他 , , , , 0 Comments

今日は、遠くに住むママから

「プラステン」という木のおもちゃの

お問い合わせをいただきました^^

 

お電話でお話させていただいた時間は、

ママの子どもたちへの思いにすごく共感して、

それがうれしくて、

ほんとうに幸せな時間をいただきました^^

 

ので、今日はプラステンのこと^^♪

木のおもちゃ「プラステン」

プラステンは、

台に立つ5本のペグに、

赤・黄・白・緑・青の、5色の円形のピースが

それぞれ10個ずつ差し込まれている木のおもちゃです。

 

小さい頃は、ただ挿すことを楽しみ、

色分けを楽しみ、

積んだり並べたりを楽しむおもちゃですが、

大きくなってくると、

色の順番や自分のルールをつくって ペグに挿して、

5色のピースで模様をつくるようになります^^

 

赤・青・赤・青…と、しましまの模様を作ってみたり、

色の順番を決めて、織物のような模様を作ってみたり、

階段のようにして、斜めをイメージして模様をつくってみたり、

こうしよう、ああしよう…、試行錯誤を通じて

わあ!っていうアイディアを、練りだしたりします^^

 

木のおもちゃ「プラステン」であそぼ^^

この子も、考え中ですね^^

さあ、これからどうしよう??

 

そんなふうに、試行錯誤をしているうちに、

あれ?黄色を挿したいのに、足りない!

    (↑10個を使い切っちゃったんですね^^)

…とか、

あれ?最後に赤色だけ余っちゃった!

    (↑ほかの4色を、赤より多めに使ったのですね^^)

…とか、

ん?

んん??

んんん???

…という体験を、いっぱいします^^

 

10という限られた数の中で

いろいろするのですから、当然といえば当然。

 

でも、その試行錯誤が、

「10」という数のかたまりや、

「10」をつくる数、

つまり、「5と5」「4と6」「3と7」「2と8」「1と9」を、

自分の体と感覚で「知る」、すてきな体験なのです^^

 

子どもたちは、

遊びや生活の体験を通じて、

「数」を感じ、理解していきます。

「あと3こたりないよー」とか、

「ひとり2こずつね」とか、

自分で「わかる」ようになっていく^^

 

5歳さんころというのは、

何も教えなくても

「数」を知りたい気持ちがいっぱいになる頃。

そんなときに、その

知りたい!気持ちにぴったりのおもちゃが身近にあるって、

実はすごーく、幸せなことです^^

 

「知育」なんて、気を張らなくても

知りたい!ときに、知ることができる環境を

用意してあげれば、

子どもたちは、自分の力で

ちゃんといろんなことを獲得していきます^^ 

 

「あそび は まなび」、言葉のまま^^♪