子どもの誕生日におもう

さらにその他 , , , 0 Comments

子どもの誕生日におもう

 

6歳さんは、7歳になりましたヽ(*´∀`)ノオメデトー

家族が大好きで、家族も自分のことを大好きだと知ってる。

友達が大好きで、友達も自分のことを大好きだと知ってる。

それ、すごくいいなあと思います^^

これからも、いろんな人と出会っていく7歳さん。

まわりの人を大事にして、まわりの人に大事にされて、

よい関係を、いっぱいつくっていってほしいです^^オメデトウ!

 

家族とお出かけは友だちと

さらにその他 , , , 0 Comments

お出かけは家族と友だちと

 

家族で遊びに行くときは、子どもたちがそれぞれ友達を誘います。

だって、

子どもは友だちと一緒の方が、楽しいから^^

せっかく遊びに行くのに、大人はあんまり動けないし、

疲れたって言うし、はめを外しても一緒にゲラゲラしてくれないし、

面白いことを見つけても、反応がなんか…(´-ω-`)ワッカンナイカナー

 

楽しいとこには連れて行くけど、親は「見守り兼監視付きおまけ」です。

わたしも子ども同士を見ている方が楽しいし、

こんなふうに友だちとつきあってるんだなあ、って分かるのもうれしい^^

 

 

小さい子からお年寄りまで、家族みんなであそぼう^^

さらにその他 , , 0 Comments

ボードゲームは、小さい子どもから、パパもママも、おじいちゃんおばあちゃんも、みんなでできるよい遊び^^

 

さむーい冬の日は、 みんなで居間にあつまって 過ごそうよ。

あったかいよ^^

 

でも、それぞれみんなが違うことをしてたら

ちょっとつまんないね。

なにか、みんなで楽しめることをしたいな^^

 

トランプでもかるたでも、

一緒にテレビを観るのでも、 ゲームでも、 なんでもいい。

一緒にできて、おしゃべりできるならね^^

 

「一緒に同じことをして過ごす」っていうのが いいんだ^^

 

まあ、わたしのおすすめは

やっぱりこんな

ちょっとひねりのきいた ボードゲームなんだけど^^

 

 

赤ちゃんの、はじめのはじめの コミュニケーション

さらにその他 , 0 Comments

赤ちゃんの、はじめのはじめのコミュニケーション

 

「ダンダンコロコロ」は、こんなふうに遊べます^^♪

 

大きい子はいちばん上から、

小さい子は階段の途中から、

もっとちびちゃんは、下から2段目くらいから

ビー玉を入れて…、

みんなで遊べるよ^^

 

じつは、いいおもちゃは、

こんなふうに

年齢の小さい子も大きい子も、

一緒に遊べるものが多いです^^

 

さて、

年齢の小さい子も大きい子も…といえば、

赤ちゃんが初めて

一緒に遊ぶ人は誰でしょう^^?

 

もちろん、それは「家族」

ママや、パパや、お兄ちゃん、お姉ちゃん。

おじいちゃん、おばあちゃん。

 

だから、赤ちゃんが

誰かと一緒に遊ぶって、たのしいな!(^^)!

誰かと一緒にいるって、うれしいな!(^^)!

そんないい気持ちを

最初の最初に育むのは、

やっぱり「家族」

 

大好きなひとと一緒に、

おんなじことをして、

おんなじものを見て、

視線を合わせたり、笑いあったり、

おしゃべりしたり、触れ合ったり…。

 

それを「楽しい!」「うれしい!」って

いっぱい感じられたら、

いっぱい感じて大きくなれたら、

 

家族から最初の友達へ、

最初の友達から、いっぱいの友達へ、

いっぱいの友達から、いろんな世界へ、

どんどん

どんどん

縁のある人たちと生きる喜びとともに

自分の世界を広げていけることでしょう^^

 

赤ちゃんの、

はじめのはじめの

コミュニケーションを豊かにしてくれるのは、

人と触れ合うことの喜びを教えてくれるのは、

誰かと一緒に「あそぶ」こと^^

 

大事に大事に、してあげたいです(*^_^*)

 

 

子どものすてきな自信^^

おおきくなる子ども , , 0 Comments

otetudai.jpg

 

できるもん!

わたし、おてつだい、上手だもん!

 

家族の役に立つことを

たくさん任せてもらうことを通じて、

子どもたちは

自分ってなんてすごいんだろう^^!

小さいけど、できるんだぞ^^!

みんなの助けになれるんだぞ^^!

…って

自分への自信と、

自分のことが大好きな気持ちを

どんどん育てていきます。

 

自分のことを愛せる子は、他の子も愛することができる。

 

自分はできる!という自信、

それは

友達やいろんな人と付き合っていく時に、

「自分と同じようにすてきなあなた」という

すばらしいまなざしにつながっていく、

すてきな分への頼です^^