子どもたちに、手仕事の遊び…続き^^

さらにその他 , , , , , 0 Comments

指編みは、4歳さんくらいからかな^^リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

指編みは、4歳さんくらいからかな^^

リリアンや織り機は、5歳さんくらいからかな^^

 

子どもたちは、

何分もかかって、

あるいは何日もかかって、

根気よく作り続け、仕上げていきます。

 

そこには、

「疲れたけど、もう少しがんばろう」…と

自分自身をコントロールする姿を感じます。

それは

「がんばりなさい!」と

外から指示されるのではなく、

子ども自身のい内側からわきあがる

「がんばりたい!」力です^^

 

そして、

自分の満足いくまであそびこんだとき、

または「できあがった!」と実感するまでに至ったとき、

子どもたちは、

とってもとってもいい顔を見せてくれます^^!

 

だから、大人のかたは、

編み方を教えて

困ったところを助けてあげることに加えて、

もし 途中で「また今度」ということになったら、

その子の作っているものが仕上がるまで

その「また今度」の状態を、そのまま保ってあげられるよう

工夫してあげてほしいです^^

 

指編みなら、指の代わりに何か棒を通して

崩れないようにしてあげる。

リリアンや織り機などの道具なら、

糸と一緒にしまえるよう、箱を用意してあげる。

そして、「子どもの目に見える場所」に、

一緒に片付ける。

 

いつでも、

目に入って あっと思ったときに、できるように^^

続きをやろう…と思ったときに、できるように^^

 

 

そして、出来上がったら

その出来上がったものを見て、

一緒に喜んであげてください^^

「長ーーーーいのができたねえ^^!!!」

「ここで糸の色を変えたんだね、この色好きだなあ^^」

「前よりも編み目がとってもきれいだよ^^」

 

でもそのとき、

「ところでこれ、何に使うの?」なんて

質問はナシ^^!!!!

 

髪飾りしたり

鍋敷きにしてみたり

ポシェットを作ってみたり、

いろいろ作れますけれど、

まず子どもたちにとっては、

目的はさておき

「その手仕事が楽しい^^!」

「その手仕事をやりたい^^!」

んですから(^O^)

 

楽しい遊びに、目的なんて無いのダーヽ(´▽`)/

 

その先の作りたいものが無ければ、

また糸をほどいて

はじめから遊んじゃえばいいのダーヽ(´▽`)/

 

 

5歳をすぎた子どもたちには、手仕事の遊び

さらにその他 , , , 0 Comments

5歳をすぎた子どもたちに用意してあげたいのは、手仕事のおもちゃです^^

 

5歳をすぎた子どもたちに用意してあげたいのは、

手仕事のおもちゃです^^

 

指編みやリリアン、織り機など

一本の毛糸が 組み紐になり、 織物になる…。

そんなふうに

自分で何かを作り出すことができるおもちゃ。

 

5歳を過ぎて

手指を自在に使えるようになった、

そしてそのことに自信と喜びを感じている子どもたちにとって

自分の手を使って何かを創りだすことは、

とってもうれしいし、楽しい活動です^^

 

だから、リリアンや織り機は

子どもたちにすごく満足感をもたらしてくれる遊びで、

それをすること自体が 喜びだったりします^^

 

遊びは、子供が自分でやりたい!と思ってやるものです。

その原動力になるのは、

子ども自身の興味や欲求です。

特に、手や指を使う遊びは、

手指がめざましく発達する時期の子どもが

自分の力を積極的に使おうとする活動です。

楽しくて、わくわくなんです^^

 

こういった遊びを通じて、

子どもたちは手指の機能だけでなく、

意欲や集中力を育んでいくんです^^

「やりたい!」「楽しい!」気持ちでね^^!

 

できる力があるんだもん、

思い切り楽しく、のびのびと、

その力を発揮してほしいですね

うんうん、

応援したいではありませんか^^♪